[移籍]新潟のブラジル人補強は裏切らない!? ブラジル1部で10番を背負った超絶パサーが加入(動画アリ)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-06-19-54-23

アルビレックス新潟へ加入が内定したMFガリャルド photo/Getty Images

いくつかのオファーを蹴って日本へ

アルビレックス新潟は6日、ポンチプレッタ(ブラジル1部)からチアゴ・ガリャルドの加入が内定したことを発表した。

同選手はクラブの公式サイトを通じて「アルビレックス新潟からのオファーを受ける前には、いくつかのクラブから良い条件のオファーを受けていました。しかしながら、日本でプレイをしてみたい、新潟のユニフォームを身にまといたいという自分自身の強い気持ちが勝りました」とコメントしている。「アルビレックス新潟で歴史を作り、勝者として皆様の記憶に残る選手になりたいと思っていますし、それが現実になると信じて努力を重ねます」と意気込む。

また27歳の同選手の特徴について「相手の急所をかぎ分け、ピンポイントで得点につながるラストパスを繰り出すことができるMF」と紹介している。チアゴ・ガリャルドはボタフォゴやコリチーバでプレイ。2016年はレンタル先のレッドブル・ブラジル、ポンチプレッタで活躍し、ブラジル全国選手権を8位で終えたポンチプレッタでは10番を背負い、24試合で2得点をマークした。

アルビレックス新潟は過去にも獲得したブラジル人選手がこぞって活躍。新潟での活躍ぶりが評価され、ラファエル・シルバは浦和レッズへ、レオ・シルバは鹿島アントラーズへ移籍し来季は新天地でプレイする。


参照元:YouTube

あなたへのオススメ記事

関連記事

人気記事ランキング

ランキングをもっと見る

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.186 連覇か奪還か! UCL決勝で吠えるのはどっちだ

決勝戦は一瞬のスキが命取り 欧州最強の“盾” VS 2人の“天才司令塔”/経験豊富な猛者たちを率い、ジダンは“心のクラブ”を迎え撃つ/悲願の“欧州制覇”に燃える熱き漢たち それぞれの想いを胸に最終決戦へ/UCL準決勝から見えた両者のストロングポイントとは

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

記事アーカイブ