「イブラがモナコにいればチャンピオンになってた」 モナコGKが語る”王様”の圧倒的存在感

gettyimages-533316650-compressor

PSGの王様だったイブラ photo/Getty Images

PSG不調の理由はイブラで片付く

今季のリーグ・アンは少々特殊な状況にある。近年フランスを支配してきたPSGが3位と苦しんでおり、伏兵ニースがPSGに勝ち点5差をつけて首位に立っている。2位には56得点と攻撃陣が爆発しているモナコが入っており、今季のリーグ・アンは荒れている。

では、PSGの何が変わってしまったのか。一言で表すならばズラタン・イブラヒモビッチがいるかどうかだ。イブラヒモビッチは昨季終了後にマンチェスター・ユナイテッドへ移籍し、イングランドでも得点を量産している。PSGにとってイブラヒモビッチの抜けた穴は想像以上に大きく、それが3位という結果に繋がっているとも言える。

『FourFourTwo』によると、モナコのGKダニエル・スバシッチもイブラヒモビッチの凄さを痛感している。スバシッチはPSGが3位に落ちていることについて、「PSGに何が起きたか?イブラがいないね。彼はシーズンに30ゴール15アシストは決める選手で、リスペクトされるべきだ。昨季彼らは僕たちに30ポイントも差をつけていたけど、もしイブラがモナコでプレイしてたら僕たちがチャンピオンだったと思うよ」とコメント。イブラヒモビッチの存在こそPSGが強かった理由だと主張している。

また、今季ニースで大暴れしているFWマリオ・バロテッリにも言及。バロテッリについては代理人のミーノ・ライオラ氏がよくイブラヒモビッチと比較しているが、スバシッチは「バロテッリがニースのズラタン?まさか。全然違うよ。彼は良い選手だけど、イブラの穴は埋められないね」とコメントしており、ここでもイブラヒモビッチの凄さをアピールしている。

PSGにとって国内リーグで躓くなど許されないことだが、これも全てはイブラヒモビッチが抜けたからなのか。今になってイブラヒモビッチの大きさを感じているはずだ。

あなたへのオススメ記事

関連記事

人気記事ランキング

ランキングをもっと見る

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.182 欧州CLラウンド16全マッチ予想

PSGにメッシ封じの秘策アリ!! 変則フォーメーションへの対処法/次々にタレントを創出するドルトムント 若手の積極起用でラウンド16突破へ/打倒レアルへ ナポリが敢行すべき戦術はコレだ!/またしても強敵引き当てたアーセナル 求められるのは安定性とプランB/鍵を握るのはプレッシング どちらの守備戦術が相手を凌駕するのか!?/守備に不安を抱えるシティはストロングポイントで勝負せよ!/イタリア最後の砦ユヴェントス UCLベスト8進出は至上命題/番狂わせへの唯一の道は奇跡を起こしたあの正攻法!

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

記事アーカイブ