ゴールへの「嗅覚」が誰よりも優れた点取り屋が完全復活! 仏で復活したのはマリオだけじゃない

gettyimages-604260224-compressor

モナコでプレイするファルカオ photo/Getty Images

モナコで得点量産

今季はフランスのニースで復活したFWマリオ・バロテッリに注目が集まっているが、フランスの地で華麗なる復活を遂げたのはバロテッリだけではない。現在ニースに次ぐ2位に位置しているモナコで得点を量産しているFWラダメル・ファルカオも復活を遂げた選手だ。

ファルカオはマンチェスター・ユナイテッド、チェルシーとイングランドで苦しみ、怪我にも悩まされていた。30歳となったコロンビア産のストライカーのピークは過ぎたかとも思われたが、現在モナコでリーグ戦10得点を記録している。しかも、ファルカオは先発出場が8試合しかなく、僅かな時間でも結果を出し続けているのだ。

それは記録にも表れている。スペイン『as』によると、ファルカオは現在67分に1得点のペースでネットを揺らしている。これは欧州の主要リーグでプレイする選手の中ではNo.1の数字で、73分のPSGエディンソン・カバーニ、77分のバロテッリも敵わない。バルセロナのリオネル・メッシでも85分に1点、レアル・マドリードのクリスティアーノ・ロナウドも94分に1点だ。

ファルカオに引っ張られる形でチームも攻撃陣が爆発しており、今季はリーグタイトルの期待もかかる。その攻撃力はチャンピオンズリーグの決勝トーナメント1回戦で対戦するマンチェスター・シティをも苦しめることになるだろう。ファルカオは徐々に本来の得点感覚を取り戻しつつあり、再び欧州最高ク ラスの点取り屋になっている。

あなたへのオススメ記事

関連記事

人気記事ランキング

ランキングをもっと見る

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.185 稀に見る混戦! 欧州カップ戦枠争いを生き残れ

リーグテーブルはまだまだ動く プレミア最終盤は混沌の極致へ/UCLストレートインとUEL出場枠 7チームが血眼になる2つの争い/天と地の差がある6位と7位 明暗分ける”UEL最後のイス”/”新興勢力”が躍動するブンデスリーガ 意外なクラブにも可能性アリ

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

記事アーカイブ