フランスで3位とかありえない!? ニースに差つけられるPSG指揮官にサポーター7割が解任要求

PSG
エメリ
ニース
モナコ
gettyimages-627112610-compressor

PSG率いるエメリ photo/Getty Images

国内リーグ3位と出遅れる

今季のフランスリーグ・アンは本当に奇妙だ。マリオ・バロテッリの加入したニースが勝ち点43で首位を走り、その次を39でモナコが追う。そして近年フランスを支配してきたPSGが勝ち点36の3位に甘んじているのだ。今夏にズラタン・イブラヒモビッチが抜けたとはいえ、豪華な選手層を誇るPSGが国内リーグで後れを取るなど許されることではない。

サポーターの怒りの矛先は当然指揮官のウナイ・エメリに向いている。今夏にローラン・ブランに代わって就任したエメリは、ここまでリーグ戦18試合で11勝3分4敗と苦しんでいる。今節もギャンガンに1-2で敗れてしまい、バロテッリの2得点でディションを倒したニースと勝ち点差が7も開いてしまった。仏『France Football』によると、この状況にPSGサポーターは指揮官交代を望んでいる。

同メディアの実施したアンケート調査によると、なんと70%ものサポーターがエメリの解任を求めている。エメリの就任したPSGではヘセ・ロドリゲスやハテム・ベン・アルファとトラブルになるなど試合以外での話題も多く、加えて結果が出ていないのでは印象が悪い。

2月からスタートするチャンピオンズリーグ決勝トーナメントではバルセロナと対戦することになっているが、今の完成度でバルサを抑えるのは難しいかもしれない。仮にここでも無様に敗れればサポーターの怒りは頂点に達するはずだが、エメリは状況を変えられるか。

あなたへのオススメ記事

関連記事

人気記事ランキング

ランキングをもっと見る

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.185 稀に見る混戦! 欧州カップ戦枠争いを生き残れ

リーグテーブルはまだまだ動く プレミア最終盤は混沌の極致へ/UCLストレートインとUEL出場枠 7チームが血眼になる2つの争い/天と地の差がある6位と7位 明暗分ける”UEL最後のイス”/”新興勢力”が躍動するブンデスリーガ 意外なクラブにも可能性アリ

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

記事アーカイブ