レアル闘将ラモス、鹿島戦後に退団示唆したハメスに苦言「個人的な都合を話す日じゃない」

決勝後に退団希望を吐露したハメス

決勝後に退団希望を吐露したハメス

レアルでキャプテンを務めるラモス photo/Getty Images

マドリディスモで満ち溢れた闘将にとって、コロンビア人アタッカーによる“パーソナルな本音”は違和感を覚えたのかもしれない。18日にファンタスティックな激戦を戦い抜いたセルヒオ・ラモスが、ハメス・ロドリゲスによる移籍願望について言及している。

日本だけでなく、世界中の視線が横浜へと注がれた。鹿島が披露した前線からの激しいプレスと、最終ラインの冷静沈着な守備は世界の名だたるスターたちを苦しめ、彼らが大切に温める無敗記録をも破壊しかけたものの、最終的なスコアはあくまで4-2だ。最後には手慣れた様子でトロフィーを掲げ、口づけを施したレアル・マドリードの面々だが、その誰もがハッピーな心境ではなかった。この大一番で最後まで出番のなかった10番ハメスは試合後、「レアルに残留するかは分からない。冬の休暇中に考えるよ。オファーはあるし、もっと試合に出たいんだ」と1月の退団を示唆。この発言が、ピッチ上で死闘を繰り広げたラモスにわずかな不快感を与えた。闘将はコロンビア人による切なる願望を牽制で返している。英『Four Four Two』が伝えた。

「今日は個人的な都合を話すべき日じゃない。僕はハメスを高く評価してるし、残留してほしい。でも今日はクラブW杯以外の話題を持ち出すべきではないね」

2005年よりレアルへ加入し、守備の要として白い巨人を牽引してきた男と、わずか2年前のW杯特需によってメガクラブ入りを果たしたハメスとでは、背負うべき荷の重さに差があるともいえる。今後の戦いにおいて重要なのは、先発組とベンチ組の間に必ずや生じるであろう“熱の差”をいかにして埋めていくかにあるだろう。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.190 ハリルジャパンの此れまで・此れから
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ