彼は何者なんだ!? レアル守備陣翻弄した鹿島の”10番”に英紙「日本のアンドレス・イニエスタだ!」

gettyimages-630183886-compressor

ミドルシュート放つ柴崎 photo/Getty Images

レアルを本気にさせた2得点

小柄な日本人選手がレアル・マドリードのプレスをさらりとかわす姿に世界も驚いたのではないか。18日にクラブワールドカップ決勝でレアル・マドリードと対戦した鹿島アントラーズMF柴崎岳が見せてくれた。

柴崎は左サイドで先発すると、前半39分に相手のクリアミスを見逃さず左足のボレーシュートを突き刺して観客を沸かせると、後半7分には中盤でのらりくらりと相手をかわして強烈な左足のミドルシュート。これにはレアルGKケイロル・ナバスもお手上げで、柴崎は欧州王者レアルを焦らせた。その後はボランチにポジションを移し、相変わらず高いパス精度を披露。

この活躍に英『The Sun』も興奮している。同メディアは柴崎が2得点を決めて歴史に名を刻んだと報じ、そのパフォーマンスを「日本のアンドレス・イニエスタ」だと絶賛している。また、日本のイニエスタ・柴崎をもっとよく知る必要があると伝え、青森山田高校からのキャリアまで紹介している。

レアルのプレスを受けても柴崎の精度は落ちず、最も冷静にプレイしていた選手でもある。レアルの選手が中盤で振り回される姿は、まさにクラシコでのバルセロナMFイニエスタを思わせるところがあったのかもしれない。同メディアも柴崎のピンポイントパス、さらに中盤で影響力を発揮する能力を称賛しており、日本にイニエスタ級のテクニシャンがいたことが世界に知れ渡ったようだ。

あなたへのオススメ記事

関連記事

人気記事ランキング

ランキングをもっと見る

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.183 フットボールを進化させる6人の監督

名将ジダンはこうして誕生した! “新人”が辿る恩師の足跡/緻密なスカウティングと戦術が奏功 覇権へのラストピースは勝者のメンタル/”狂人”から受け継ぐスタイルと2人の古典的10番/ライプツィヒを牽引する“Mr.プレッシング” ドイツにもたらされた新たな息吹/なぜチームは激変したのか!? フランクフルトを目覚めさせたコヴァチ/バラバラだったラツィオを団結させた若き錬金術師シモーネ・インザーギ

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

記事アーカイブ