やはりビデオ判定導入は賛否両論!? 米メディア「慎重に使用しないと多くの問題を引き起こす」

試合の流れを破壊したり、サッカーの醍醐味を失う

試合の流れを破壊したり、サッカーの醍醐味を失う

ビデオ判定について審判に詰め寄るアトレティコ・ナシオナルの選手たち photo/Getty Images

Jリーグ王者の鹿島アントラーズは14日、FIFAクラブW杯の準決勝で南米王者のアトレティコ・ナショナル(コロンビア)と対戦した。

試合は、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)により、前半に鹿島がPKを得る。これを土居聖真が落ち着いて決めると、後半終盤に遠藤康と途中出場の鈴木優磨が追加点を挙げて試合終了。鹿島が3-0で南米王者のアトレティコ・ナシオナルを撃破し、アジア勢初の決勝進出を決めた。

そんな中、FIFA主催の大会としては初めて導入されたVARについて、米『ESPN』が次のような問題を提起している。

「サッカーは予測不可能なゲーム。最高のプレイを示したチームが絶対に勝者になるとは限らない。これがサッカーに陶酔する理由の1つである。低得点のスポーツだからこそ、運が勝敗を左右するのだ。結果は最も重要な要因の1つだが、VARは慎重に使用しないと多くの問題を引き起こすだろう」

正確なジャッジができる反面、試合の流れを破壊したり、サッカーの醍醐味を失う可能性があることを指摘した米メディア。FIFAはVARを慎重に使用し、円滑に試合を進めてもらいたい。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.190 ハリルジャパンの此れまで・此れから
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ