C・ロナウドVS鈴木優磨だ! ”仁王立ち”に海外メディア「雄叫びも忘れず、ロナウドのようだ」

gettyimages-629646102-compressor

吠える鈴木 photo/Getty Images

鹿島の若きストライカー大暴れ

和製クリスティアーノ・ロナウドが世界も注目する舞台で見せてくれた!

14日におこなわれたクラブワールドカップ準決勝アトレティコ・ナシオナル戦に84分から途中出場を果たした鹿島アントラーズFW鈴木優磨は、投入からわずか1分後に金崎夢生の絶妙なクロスに合わせて貴重な追加点を記録。鈴木は以前からレアル・マドリードFWクリスティアーノ・ロナウドを意識したゴールパフォーマンスを見せていたが、この試合でも同じように飛びながら回転して両腕を広げるロナウド・パフォーマンスを披露した。

これを海外メディアも取り上げている。『FOXスポーツ』は「鈴木がロナウドのようにゴールを喜んだ」と見出しをつけ、鈴木のパフォーマンスを特集。鈴木の得点は金崎のクロスを押し込むだけのシンプルなものだったが、同メディアは「ロナウドと同じようにジャンプしてから腕と足を広げて着地。もちろん雄叫びも忘れなかった」と伝え、ロナウドを意識する鈴木を取り上げている。

また、鈴木はチームメイトの下へ向かう際にマンチェスター・ユナイテッドMFポール・ポグバらが見せる「DABダンス」も少し披露している。これも同メディアは取り上げており、まさにスーパースターのゴールパフォーマンスの全てを詰め込んだような瞬間だった。

まだ決勝のカードは分からないが、レアルが上がってくる可能性が高い。SNS上では「鈴木優磨VSクリスティアーノ・ロナウド!」といった意見も出ているが、鈴木はロナウドの目の前で同じパフォーマンスを披露できるか。

あなたへのオススメ記事

関連記事

人気記事ランキング

ランキングをもっと見る

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.183 フットボールを進化させる6人の監督

名将ジダンはこうして誕生した! “新人”が辿る恩師の足跡/緻密なスカウティングと戦術が奏功 覇権へのラストピースは勝者のメンタル/”狂人”から受け継ぐスタイルと2人の古典的10番/ライプツィヒを牽引する“Mr.プレッシング” ドイツにもたらされた新たな息吹/なぜチームは激変したのか!? フランクフルトを目覚めさせたコヴァチ/バラバラだったラツィオを団結させた若き錬金術師シモーネ・インザーギ

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

記事アーカイブ