“鹿島の守備”は世界に通用する! スペイン紙も「高いレベルで統率されている」と認める

南米王者を完封

南米王者を完封

相手を封じ込めた鹿島 photo/Getty Images

14日にクラブワールドカップ準決勝でアトレティコ・ナシオナルと対戦した鹿島アントラーズは、前半何度も決定機を作られながらも3-0の完封勝利を収めた。前半はビデオ判定からPKを指示される歴史的なやり方で鹿島が先制に成功したものの、試合のペースはアトレティコが握っていた。ポストに直撃するシュートもあり、いつ得点が入ってもおかしくない空気だったと言える。

しかし、鹿島の粘り強さは本物だった。スペイン『as』もアトレティコ・ナシオナルがゲームを支配していたと伝えているが、「鹿島の高いレベルで統率された守備陣相手にファイナルサードで上手くやれなかった」と鹿島の守備力も評価されている。特にセンターバックの昌子源はシュートブロック、1対1の守備で抜群のパフォーマンスを見せ、チームの無失点勝利に大きく貢献。

相棒の植田直通もコーナーキックからヘディングで相手ゴールを襲うなど、攻撃面でもチームに貢献。さらにサイドバックの西大伍は珍しい形ではあったが、セットプレイの競り合いで相手選手に倒されたことがビデオ判定でPKとジャッジされ、チームに先制点をもたらした。そして安定したセービングでゴールを守り続けたGK曽ヶ端準も、勝利には欠かせない存在だった。こうして見ると、3得点を奪った鹿島を引っ張ったのは守備陣と言ってもいいだろう。

決勝ではレアル・マドリードと対戦する可能性が高く、今回以上に守備陣は忙しくなるはず。スペインの『as』は鹿島の守備陣が統率されていたと評価しているが、それは欧州王者レアル相手にも通用するか。

関連記事

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.187 欧州は、今季もやっぱり熱かった!

群雄割拠のプレミア 明暗を分けたのはマネジメント力/弱点を強みに! パーフェクトなレアルを支えたジダンの采配/競争力を取り戻しつつあるセリエA 「世界最強」の称号を再び得るために/バイエルン怒濤の5連覇達成も伏兵たちの台頭で勢力図激変

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ