鹿島のクラブW杯決勝進出を報じるレアル公式サイト「白熱した試合はビデオ判定が勝敗を左右」(動画アリ)

gettyimages-85552937-min

鹿島対アトレティコ・ナシオナル戦について触れたレアル photo/Getty Images

15日に北中米王者との準決勝を控えるレアル

Jリーグ王者の鹿島アントラーズは14日、FIFAクラブW杯の準決勝で南米王者のアトレティコ・ナショナル(コロンビア)と対戦した。

試合は、FIFA主催の大会としては初めて導入されたビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)により、前半に鹿島がPKを得る。これを土居聖真が落ち着いて決めると、後半終盤に遠藤康と途中出場の鈴木優磨が追加点を挙げて試合終了。ボールの支配率はアトレティコ・ナシオナルが圧倒したものの、鹿島が3-0で南米王者を撃破し、アジア勢初の決勝進出を決めた。

そんな中、翌15日に北中米王者クラブアメリカ(メキシコ)との準決勝を控えている欧州王者レアル・マドリード(スペイン)が、クラブの公式サイトで鹿島対アトレティコ・ナシオナルの試合を「鹿島アントラーズがFIFAクラブW杯で最初のファイナリストになった。お互いにチャンスを作り、試合は非常に白熱したが、ビデオ判定が勝敗を左右した」と触れている。

クラブアメリカとレアル・マドリード、どちらが鹿島と対戦することになるのだろうか。決勝戦は18日に横浜国際総合競技場(日産スタジアム)で行われる。

参照元:YouTube

あなたへのオススメ記事

関連記事

人気記事ランキング

ランキングをもっと見る

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.185 稀に見る混戦! 欧州カップ戦枠争いを生き残れ

リーグテーブルはまだまだ動く プレミア最終盤は混沌の極致へ/UCLストレートインとUEL出場枠 7チームが血眼になる2つの争い/天と地の差がある6位と7位 明暗分ける”UEL最後のイス”/”新興勢力”が躍動するブンデスリーガ 意外なクラブにも可能性アリ

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

記事アーカイブ