PSGのヘセ・ロドリゲスとローマのリュディガーが大型トレードか

gettyimages-617809830-min

今夏にパリへ上陸したヘセ photo/Getty Images

アフリカネイションズ杯がカギを握る?

パリ・サンジェルマンとローマの間で大きな取り引きが行われるかもしれない。イタリアメディアが、“2人の23歳”を巡って交渉に勤しむ両クラブの現状を伝えている。

エジプト代表ドリブラー、モハメド・サラーを保有するローマにとって厄介な問題は、来年1月より開催されるアフリカネイションズ杯の存在だ。『Corriere dello sport』はサラーの同大会への参加による戦力ダウンを和らげるべく、ローマがPSGで出場機会に恵まれない23歳のウインガー、ヘセ・ロドリゲスに着目したと伝えている。曰く、当初PSGはヘセの放出に難色を示したものの、ローマのドイツ代表CBアントニオ・リュディガーとのトレードを提案することで、両クラブにとってベストな取り引きを実現させようとしているようだ。リュディガーはヘセと同じく23歳の将来有望な若手選手であり、190cmの恵まれた体格と豊富なスピードを買われ、2015年にシュツットガルトよりローマへ移籍。ドイツ代表の未来を担うとされる屈強なDFだ。

今夏にダビド・ルイスを放出し、チアゴ・シウバにも退団の噂が囁かれるPSGにとって、リュディガーのような将来性溢れるCBこそ喉から手が出るほど欲しい逸材だろう。ヘセ・ロドリゲスとアントニオ・リュディガー。欧州でも最高峰の2人の23歳はどのような運命を辿ることになるだろうか。今後の展開に注目したい。

あなたへのオススメ記事

関連記事

人気記事ランキング

ランキングをもっと見る

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.185 稀に見る混戦! 欧州カップ戦枠争いを生き残れ

リーグテーブルはまだまだ動く プレミア最終盤は混沌の極致へ/UCLストレートインとUEL出場枠 7チームが血眼になる2つの争い/天と地の差がある6位と7位 明暗分ける”UEL最後のイス”/”新興勢力”が躍動するブンデスリーガ 意外なクラブにも可能性アリ

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

記事アーカイブ