やはり当時の香川は凄かった? ボアテング、デ・ブライネら「プレミア失敗組」の中で特例として紹介

LANDOVER, MD - JULY 29: Shinji Kagawa #26 of Manchester United in action against Inter Milan during their match in the International Champions Cup 2014 at FedExField on July 29, 2014 in Landover, Maryland. Manchester United won, 5-3, in a penalty shootout. (Photo by Patrick Smith/Getty Images)

マンU時代の香川 photo/Getty Images

プレミア失敗からブンデスで花開いた選手たち

プレミアリーグは非常に厳しく、特殊な環境のリーグだ。どれほど優れた選手でも、そのパワー溢れる展開への適応に苦労するケースは多い。プレミアリーグで失格の烙印を押されたとしても、他国のリーグでは驚くほどの結果を出せる選手もいる。

『SportsKeeda』は、「過去にプレミアリーグで苦戦した後にブンデスリーガで大活躍した選手」を5名選出。プレミアリーグが活かしきれなかった才能がドイツで花開いた事例を紹介した。

その中にはマンチェスター・シティで結果を出せず、その後移籍したバイエルンで世界トップレベルのセンターバックに成長したドイツ代表DFジェローム・ボアテング、ブラックバーンでは何もできなかったが、現在はケルンで大迫勇也と強力なコンビを形成しているFWアントニー・モデスト、チェルシーやウィガンでは結果が出なかったが、ブレーメンで花開いたFWフランコ・ディ・サント、そしてチェルシーでは才能を引き出してもらえず、その後移籍したヴォルフスブルクで結果を出してプレミアリーグに戻ってきたMFケビン・デ・ブライネも選ばれている。

しかし、面白いのは同メディアがわざわざドルトムントに所属する日本代表MF香川真司の 名前を出 していることだ。香川はセレッソ大阪から移籍したドルトムントでリーグ制覇などに大きく貢献し、2012年にマンチェスター・ユナイテッドに加入。しかし満足な結果は出せず、再びドルトムントに戻ってきた選手だ。

プレミアリーグで苦戦し、その後ブンデスリーガにやってきた選手ということで今回のリストに入ってもおかしくないが、同メディアは「香川、ヌリ・シャヒンの両名はこのリストに入っていない。彼らはイングランドで失敗する前に、ドイツで際立ったキャリアを築いた選手だからだ」と主張している。

香川はマンUで、シャヒンはリヴァプールで苦しい時期を過ごした。しかし、2人はそれ以前にドイツで凄いプレイを見せていたと評価されている。当時の香川もシャヒンもチームには欠かせない存在で、今よりも当時の方が眩い輝きを放っていたのは間違いない。それは同メディアがわざわざ名前を出すほどだ。

2人ともドルトムントに戻ってきたが、当時ほどの活躍ができているとは言い難い。あの頃を知るサポーターは、もう一度2人に抜群の輝きを放ってほしいと期待していることだろう。

あなたへのオススメ記事

関連記事

人気記事ランキング

ランキングをもっと見る

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.183 フットボールを進化させる6人の監督

名将ジダンはこうして誕生した! “新人”が辿る恩師の足跡/緻密なスカウティングと戦術が奏功 覇権へのラストピースは勝者のメンタル/”狂人”から受け継ぐスタイルと2人の古典的10番/ライプツィヒを牽引する“Mr.プレッシング” ドイツにもたらされた新たな息吹/なぜチームは激変したのか!? フランクフルトを目覚めさせたコヴァチ/バラバラだったラツィオを団結させた若き錬金術師シモーネ・インザーギ

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

記事アーカイブ