UELグループステージ敗退も、ポジティブに捉えるインテル指揮官「これからはセリエAに集中できる」

gettyimages-628588536-min

インタビューに応じたインテルの指揮官ピオリ photo/Getty Images

スパルタ・プラハ戦のチームは試験的ではない

日本代表DF長友佑都が所属するインテルは8日、ヨーロッパリーグのグループステージ最終節で首位通過が確定しているスパルタ・プラハと対戦した。試合は、前節逆転負けしたことですでにグループステージ敗退が決まっているインテルがエデルの2ゴールでスコアを2-1とし、スパルタ・プラハに辛くも勝利を収めている。

そんな中、伊『sky SPORTS』のインタビューに応じたインテルの指揮官ステファノ・ピオリは次のように語った。

「今日の試合は試験的なチームで行ったわけでない。選手たちはピッチで素晴らしいプレイを披露してくれたね。我々はバランスの取れたチームを常に目指しているし、そのために日々改善していかなければならない。だから、私は最善策を見つけるためにすべての試合で色々なことを試しているんだ」

「大会を敗退してしまったことは本当に申し訳ない。ただ、これからはセリエAに集中して取り組んで行ける。私はいろんなことをポジティブに捉えているからね」

はたして、インテルはリーグ戦に集中することで調子を取り戻すことができるのだろうか。11日に行われるセリエA第16節でジェノアとホームで対戦する。

あなたへのオススメ記事

関連記事

人気記事ランキング

ランキングをもっと見る

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.185 稀に見る混戦! 欧州カップ戦枠争いを生き残れ

リーグテーブルはまだまだ動く プレミア最終盤は混沌の極致へ/UCLストレートインとUEL出場枠 7チームが血眼になる2つの争い/天と地の差がある6位と7位 明暗分ける”UEL最後のイス”/”新興勢力”が躍動するブンデスリーガ 意外なクラブにも可能性アリ

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

記事アーカイブ