バロテッリ“イズム”健在「怪我をせずにシーズンを過ごせたらバロンドールも可能だ」

インテル
セリエA
ニース
バロテッリ
ミラン
gettyimages-509825330-min

ニースで再び才能を見せつけている photo/Getty Images

セリエA復帰もあり?

今の彼は信頼に値するストライカーだろうか。フランス、ニースで復活の兆しを見せつつあるマリオ・バロテッリが、将来的なイタリアへの復帰を否定しなかった。

かつて所属したインテルでは“スーパーマリオ”と呼ばれ、破壊的なFKなどで観客の度肝を抜いてきたバロテッリ。その後はマンチェスター・シティやミラン、そしてリヴァプールといったメガクラブを転々としたものの、度重なる不祥事や怠惰な練習態度によって多くの指揮官と衝突し、次第に表舞台からフェードアウトしていった。しかしながら、ニースでのバロテッリは6試合6ゴールと好調を維持。もちろんその饒舌ぶりもすぐさま息を吹き返した。

「俺がもしも怪我することなくシーズンをフルで戦えたら、バロンドールを獲ることも可能だ。今季俺が順調に得点を決めているのは試合に出たからだよ。昨季は試合に出なかったからゴールも無かった。フィジカル的な問題があったからね。でも試合に出たときはしっかりとゴールを奪っていたんだ。将来的なミランへの復帰? ありえない話ではないね。でもインテルに戻るのは可能性が低いだろう」

多くの人間は彼に何ができるかを知っている。恵まれたフィジカルに強烈な右足、そして観衆をも惑わすトリッキーなフェイント。バロテッリがそのすべてを取り戻すまで、世界は首を長くして待っていることだろう。

あなたへのオススメ記事

関連記事

人気記事ランキング

ランキングをもっと見る

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.187 欧州は、今季もやっぱり熱かった!

群雄割拠のプレミア 明暗を分けたのはマネジメント力/弱点を強みに! パーフェクトなレアルを支えたジダンの采配/競争力を取り戻しつつあるセリエA 「世界最強」の称号を再び得るために/バイエルン怒濤の5連覇達成も伏兵たちの台頭で勢力図激変

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

記事アーカイブ