イブラもポグバも真似できない! ムヒタリアンの股抜き中央突破が「アザール、メッシのレベル」と絶賛

gettyimages-627658782-compressor

違い作ったムヒタリアン photo/Getty Images

中盤から1人でフィニッシュ

今頃はマンチェスター・ユナイテッドも心の底から彼を獲得して良かったと感じていることだろう。序盤戦はなかなか出場できなかったMFヘンリク・ムヒタリアンがヨーロッパリーグのゾリャ戦で魅せてくれた。

ムヒタリアンは後半2分に中盤でボールを奪うと、左サイドを走るウェイン・ルーニーにはパスを出さずにドリブルで中央突破。飛び込んできた相手DFの股間を抜き、最後は冷静にGKとの1対1を制してゴールに流し込んだ。まさに1人で決めた得点で、マンUを決勝トーナメントへ導く一撃となった。

この圧巻のプレイにサポーターも大興奮だ。英『METRO』によると、サポーターはアウトサイドで軽く相手選手の股を抜いたドリブルにバルセロナFWリオネル・メッシやチェルシーMFエデン・アザールの姿を重ねたようで、ムヒタリアンが彼らに並ぶ才能の持ち主だと絶賛している。

「アザール、メッシクラスの美しいプレイだ」

「ムヒタリアンがメッシになった!」

「何てソロゴールなんだ。天才。アルメニアのメッシだ」

など、サポーターもようやくフィットしてきたムヒタリアンに興奮しているようだ。チームも2位でグループを通過し、タイトル獲得への望みを繋いでいる。マンUの選手層を考えるとヨーロッパリーグでは優勝を狙いたいところだが、覚醒したムヒタリアンがそこまで導いてくれるか。

あなたへのオススメ記事

関連記事

人気記事ランキング

ランキングをもっと見る

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.186 連覇か奪還か! UCL決勝で吠えるのはどっちだ

決勝戦は一瞬のスキが命取り 欧州最強の“盾” VS 2人の“天才司令塔”/経験豊富な猛者たちを率い、ジダンは“心のクラブ”を迎え撃つ/悲願の“欧州制覇”に燃える熱き漢たち それぞれの想いを胸に最終決戦へ/UCL準決勝から見えた両者のストロングポイントとは

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

記事アーカイブ