すでにUEL敗退が決まっているインテル 最終節を前に指揮官「自信を取り戻すチャンス」

gettyimages-628252504-min

前日会見に出席したインテルの指揮官ピオリ photo/Getty Images

スパルタ・プラハ戦では主力温存も、全力で勝利を目指す

日本代表DF長友佑都が所属するインテルは8日、ヨーロッパリーグのグループステージ最終節でスパルタ・プラハと対戦する。試合に先立って、インテルの指揮官ステファノ・ピオリが前日会見に出席した。

前節のハポエル・ベア・シェバ戦で逆転負けを喫したことで、すでにUEL敗退が決まっているインテル。主将マルロ・イカルディや長友を招集外にするなど、スパルタ・プラハ戦では主力温存を図っている。そんな中、指揮官ピオリは次のように語った。クラブの公式サイトなどが伝えている。

「あまり試合に出ていない選手にとって良い機会だと思う。そして、我々が自信を取り戻すチャンスでもあるね。すでにUEL敗退が決まっていることは残念だが、我々は最後まで全力を尽くし、ハードワークする必要がある。うまくいくことを願っているよ。まだコッパ・イタリアもあるしね」

はたして、インテルは名門の意地でグループステージ最終節を勝利で終えることができるのだろうか。この試合を機に、少しでも調子を取り戻したいところだ。

あなたへのオススメ記事

関連記事

人気記事ランキング

ランキングをもっと見る

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.185 稀に見る混戦! 欧州カップ戦枠争いを生き残れ

リーグテーブルはまだまだ動く プレミア最終盤は混沌の極致へ/UCLストレートインとUEL出場枠 7チームが血眼になる2つの争い/天と地の差がある6位と7位 明暗分ける”UEL最後のイス”/”新興勢力”が躍動するブンデスリーガ 意外なクラブにも可能性アリ

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

記事アーカイブ