吉田麻也が醸し出す「3番手にふさわしくない感」 サウサンプトン指揮官はベスト11が分かっていない?

gettyimages-626849846-compressor

安定したプレイ見せる吉田 photo/Getty Images

カップ戦要員ながら安定したパフォーマンス

今季リーグ戦、国内カップ戦に加えてヨーロッパリーグまで戦っているサウサンプトン指揮官クロード・ピュエルは、カップ戦とリーグ戦でメンバーを大きく変えている。11月27日のエヴァートン戦、そして30日の国内カップ・アーセナル戦に揃って先発した選手がGKフレイザー・フォースター、DFフィルジル・ファン・ダイク、ライアン・バートランドの3名しかいないことからもそれは分かってくる。

しかしサウサンプトンはカップ戦でも好成績を残しており、リーグカップではアーセナルを2-0で破って準決勝進出を決めている。スタメンとバックアッパーの間に大きな差はなく、米『ESPN』も指揮官のピュエルがベストイレブンをまだ分かっていないんじゃないかと伝えて いる。

今季はカップ戦をメインにプレイしている日本代表DF吉田麻也も、パフォーマンスは非常に安定している。30日のアーセナル戦では先制点の起点となるロングパスも通しており、相変わらずパス精度も高い。サウサンプトンのセンターバックの中でも繋ぐことを苦にしていないタイプの選手だ。

現在はポルトガル代表のジョゼ・フォンテ、さらにはリヴァプールからの関心も伝えられるファン・ダイクの存在でポジションを譲っているところがあるものの、吉田も十分サウサンプトンのファーストチョイスにふさわしい選手と言えるのではないか。ピュエルも自身のチームについて、「全ての選手が全てのコンペティションで戦える。1人の選手はこのコンペティション、他の選手は他のコンペティションというようなものはないよ」と語っており、明確な序列のようなものは存在しないことを明かしている。

そういった意味では吉田も単なるバックアッパーではなく、チームに欠かせない重要な戦力だ。評価ではフォンテ、ファン・ダイクの方が高いが、吉田は欧州でも通用しているセンターバックと言えるのではないだろうか。

あなたへのオススメ記事

関連記事

人気記事ランキング

ランキングをもっと見る

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.184 4大リーグ:試合を決める気鋭のアタッカー24人

個性豊かなセリエA 独自色で主役を勝ち取った猛者たち/ビッグクラブ行き間違いナシ! ブンデスリーガはスター候補の登竜門/スペイン2強を脅かせ! リーガを彩る実力派のアタッカーたち/覇権と欧州への切符を引き寄せる新旧ストライカー

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

記事アーカイブ