ベッカムやジェラードを指揮した監督がクリンスマンの後任に! アメリカ代表が新監督を発表

10年ぶりにアメリカ代表監督に復帰したアリーナ

10年ぶりにアメリカ代表監督に復帰したアリーナ

アメリカ代表史上最多勝利監督のアリーナ photo/Getty Images

アメリカ合衆国サッカー連盟(USSF)は22日、同国代表指揮官にLAギャラクシーを率いるブルース・アリーナ監督が就任することを発表した。2006年以来、約10年ぶりの復帰となる。

USSFは21日、ロシアW杯予選でのアメリカ代表の2連敗を受けて、2011年から代表を率い、今夏開催されたコパ・アメリカではベスト4へ導いたユルゲン・クリンスマン監督を解任していた。

一方、現在65歳のアリーナ監督は、1998年から2006年までアメリカ代表を率いた経験があり、2002年の日韓W杯では同代表を初のベスト8へ導いた。そして、在籍期間約8年で71勝30敗29分という好成績を収めており、アメリカ代表史上最多勝利監督となっている。その後、レッドブル・ニューヨークを経て、2008年にLAギャラクシーの監督に就任。同クラブを8年間率いてきたが、USSFからの要請があり、クラブが契約解除を受け入れたようだ。

はたして、アリーナ新監督のもと、アメリカ代表はロシアW杯予選で調子を取り戻すことができるのだろうか。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.189 ついに突入した欧州5大リーグ時代の勢力地図
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ