本田・香川ベンチの新生・日本代表! 新時代引っ張る清武のPKで先制

SAITAMA, JAPAN - NOVEMBER 15: Hiroshi Kiyotake of Japan in action during the 2018 FIFA World Cup Qualifier match between Japan and Saudi Arabia at Saitama Stadium on November 15, 2016 in Saitama, Japan. (Photo by Atsushi Tomura/Getty Images)

先制PK決めた清武 photo/Getty Images

本田の代わりに久保が先発

ヴァイッド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表は15日、2018ワールドカップアジア最終予選でサウジアラビア代表と対戦した。

日本は注目となっていた右サイドに久保が入り、本田圭佑はベンチスタート。さらにトップ下も清武で変わらず、香川真司もベンチスタートとなった。本田、香川とこれまでチームを支えてきた2人を外した
中での戦いとなったが、序盤から最前線の大迫、トップ下の清武を中心に日本がボールを保持。相手にボールの保持を許さず、日本が支配する時間が続く。

しかし、なかなかシュートには持ち込めない。先日の親善試合オマーン代表戦でも見せたように大迫が強引にボールを持ったところからシュートを放つシーンもあったが、GKを焦らせるものにはならず。38分には
長谷部のパスに抜け出した久保が落としたボールを大迫が狙ったが、これは大きくゴール上へ。

このまま無得点のままで前半終了かと思われたが、42分に日本にビッグチャンスが訪れる。清武のシュートがペナルティエリア内で相手の胸付近に当たり、主審はこれをPKとジャッジ。サウジアラビア側は必死の
抗議、日本はカードを要求するなど荒れ模様となったが、これを清武が冷静に決めて日本が先制して前半を終えた。

[メンバー]
GK:西川周作

DF:酒井宏樹、吉田麻也、森重真人、長友佑都

MF:山口蛍、長谷部誠

MF:清武弘嗣

FW:久保裕也、大迫勇也、原口元気

[スコア](前半終了時点)

日本代表 1-0 サウジアラビア代表

[得点者]
日本代表:清武(43)

あなたへのオススメ記事

関連記事

人気記事ランキング

ランキングをもっと見る

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.183 フットボールを進化させる6人の監督

名将ジダンはこうして誕生した! “新人”が辿る恩師の足跡/緻密なスカウティングと戦術が奏功 覇権へのラストピースは勝者のメンタル/”狂人”から受け継ぐスタイルと2人の古典的10番/ライプツィヒを牽引する“Mr.プレッシング” ドイツにもたらされた新たな息吹/なぜチームは激変したのか!? フランクフルトを目覚めさせたコヴァチ/バラバラだったラツィオを団結させた若き錬金術師シモーネ・インザーギ

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

記事アーカイブ