いったいいつイカルディは代表に呼ばれるのか 代表監督「呼びたくなれば私は呼ぶ」

アルゼンチン
イカルディ
インテル
バウサ
gettyimages-614557326-compressor

インテルで躍動するイカルディ photo/Getty Images

決定権が自身にあることをアピール

現在2018ワールドカップ南米予選で5位と苦戦しているアルゼンチン代表は、エースのリオネル・メッシ不在時の成績が非常に悪い。10月の2連戦で1勝も挙げることができず、パラグアイには0-1で敗れてしまった。代表チームに批判の声が出るのは当然だろう。

中でも常に疑問として浮上するのが、なぜインテルで活躍するFWマウロ・イカルディを招集しないのかだ。イカルディは23歳ながらインテルのエースを務めており、すでにセリエA得点王も獲得した経験がある。代表招集にふさわしい選手のはずだが、監督が代わってもイカルディが招集される気配はない。

一部ではメッシら主力選手がイカルディの招集を拒否しているといった噂まで流れているが、代表監督を務めるエドゥアルド・バウサは決定権が自身にあることを改めてアピールしている。『ESPN』などによると、バウサはイカルディ招集の件について、「もしイカルディを呼びたくなれば、私は呼ぶよ。現時点ではゴンサロ・イグアイン、ルーカス・プラットを好んでいるということだ」とコメントし、イカルディよりも好みの選手がいることを強調している。

イカルディには略奪婚のイメージが根付いてしまっているが、それさえなければパーフェクトに近いFWだ。23歳という年齢やインテルで披露する決定力を考えても、2018ワールドカップだけではなく2022年大会でも主力を任せることができるはずだ。サポーターの中にもイカルディを1度テストしてほしいと考えている者がいるはずだが、このまま全くテストしないままで良いのだろうか。

あなたへのオススメ記事

関連記事

人気記事ランキング

ランキングをもっと見る

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.183 フットボールを進化させる6人の監督

名将ジダンはこうして誕生した! “新人”が辿る恩師の足跡/緻密なスカウティングと戦術が奏功 覇権へのラストピースは勝者のメンタル/”狂人”から受け継ぐスタイルと2人の古典的10番/ライプツィヒを牽引する“Mr.プレッシング” ドイツにもたらされた新たな息吹/なぜチームは激変したのか!? フランクフルトを目覚めさせたコヴァチ/バラバラだったラツィオを団結させた若き錬金術師シモーネ・インザーギ

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

記事アーカイブ