メッシに“君のそばでプレイしたい”と言わしめる天才MFとは? 「彼の足技を手本にしてる」

gettyimages-598578308-min

世界最高の選手と崇められるメッシ photo/Getty Images

すべてをシンプルにこなすと称賛

バルセロナでプレイするアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、同僚のアンドレス・イニエスタを称えた。

ブラジル代表のネイマールやウルグアイ代表のルイス・スアレスなど多くのタレントがひしめくバルサにおいても、メッシのクオリティは異彩を放っている。ではバロンドールを5度も獲得し、幾多の喝采を浴びてきたこのアルゼンチン人アタッカーにとっての“天才”は一体誰なのか。メッシのコメントを英『sky SPORTS』が伝えている。

「僕がバルセロナへやってきた時、周囲の人はイニエスタについて話していた。僕は彼の足技を手本にしている。どんなに困難な動きでもシンプルにこなしてしまうからね。なにも特殊なことはしていないように映るけど、実際には彼はとてつもないことをやっている。イニエスタはすべての面で別次元だ。サッカーをする上で最も難しいのは、すべてのプレイをラクにこなしているように見せることだよ。イニエスタにはそれができている」

「僕と彼は少しの合図で互いを理解することができるよ。それ以上の大げさなことなんて必要ないね。僕はなるべく彼の近くでプレイしたい。特に試合が劣勢の時などはイニエスタにこう言うよ。『もっと近くに来てくれ。君のそばでプレイしたいんだ』ってね」

天下のリオネル・メッシからこれほどまでに“ラブリーな要求”を受けられる選手は、そう多く居ないだろう。およそ10年近くにわたって世界最高のクラブで戦ってきた2人の絆は想像以上に強いものだったようだ。

あなたへのオススメ記事

関連記事

人気記事ランキング

ランキングをもっと見る

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.186 連覇か奪還か! UCL決勝で吠えるのはどっちだ

決勝戦は一瞬のスキが命取り 欧州最強の“盾” VS 2人の“天才司令塔”/経験豊富な猛者たちを率い、ジダンは“心のクラブ”を迎え撃つ/悲願の“欧州制覇”に燃える熱き漢たち それぞれの想いを胸に最終決戦へ/UCL準決勝から見えた両者のストロングポイントとは

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

記事アーカイブ