“銀河系の10番”フィーゴが当時を回想「僕に全くパスをくれないから彼にはよく叫んでた」

gettyimages-169808980-min

バルサとレアルで輝きを放ったフィーゴ photo/Getty Images

バルサ時代に後悔ナシとも語る

サッカー史に残るタブーを犯した男がそのキャリアを振り返っている。元ポルトガル代表のルイス・フィーゴにとって、バルセロナとレアル・マドリードでの日々はいずれも美しいものだったようだ。

猫のような前傾姿勢で魅せる変幻自在のドリブルと、ドンピシャで味方に合わせる正確無比なクロスボールは、スペイン屈指の2強においてもフィーゴの十八番であり続けた。彼がバルセロナで5年間を過ごした後、突如として白いユニフォームを纏ったことは多くのバルセロニスタを憤慨させ、またマドリディスタを喜ばせる結果に。しかしながら、ポルトガル人は自身の辿ってきた道を悔いることなどしない。スペイン紙『as』が“元レアルの10番”フィーゴへのインタビューを敢行した。

「(バルサではどんな思い出がある?) 僕にとってはファンタスティックな日々だったよ。あそこでは選手としてより成長することができた。楽しい5年間だったし、なんの後悔もない。あそこでプロフェッショナルになれた。ヨハン・クライフに会えたことも幸運だったしね」

では、レアルでの“銀河系時代”についてはどのような記憶が残っているだろうか。

「あそこへ加入したときの監督がデル・ボスケで良かったよ。彼はバランスをもたらすことに長けているからね。物事の解決法を誰よりも分かっていた。チームメイト間に嫉妬はあったか? そんなものは一切なかった。もしもあったとしたら、僕らはチームとして上手く機能しなかったはずだ。僕はとりわけラウールとモリエンテスと仲良くしていた。彼らは優秀だよ。それから(フェルナンド・)イエロだ。僕はよく彼に叫んでいたよ。だって彼は僕にまったくパスを出してくれないんだからね」

チームメイトとの懐かしき思い出に浸るフィーゴ。当時のレアルには彼ら以外にもジネディーヌ・ジダンやディビッド・ベッカム、そしてロナウドといった豪華な面々がズラリと勢揃いしていたが、彼の指摘する通り、チーム内の不和などが囁かれることはなかった。美しいプレイと華やかなスター同士の競演は、マドリディスタだけでなく世界中のサッカーファンを虜にしていたにちがいない。

あなたへのオススメ記事

関連記事

人気記事ランキング

ランキングをもっと見る

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.186 連覇か奪還か! UCL決勝で吠えるのはどっちだ

決勝戦は一瞬のスキが命取り 欧州最強の“盾” VS 2人の“天才司令塔”/経験豊富な猛者たちを率い、ジダンは“心のクラブ”を迎え撃つ/悲願の“欧州制覇”に燃える熱き漢たち それぞれの想いを胸に最終決戦へ/UCL準決勝から見えた両者のストロングポイントとは

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

記事アーカイブ