代表引退撤回したメッシにいきなり批判の声 バルサで試合出るならベネズエラ戦に出ろ

アルゼンチン
バルセロナ
ベネズエラ
メッシ
MENDOZA, ARGENTINA - SEPTEMBER 01:  Lionel Messi of Argentina celebrates after scoring the first goal of his team during a match between Argentina and Uruguay as part of FIFA 2018 World Cup Qualifiers at Malvinas Argentinas Stadium on September 01, 2016 in Mendoza, Argentina. (Photo by Gabriel Rossi/LatinContent/Getty Images)

ベネズエラ戦を欠場したメッシ photo/Getty Images

ベネズエラ戦欠場に怒りの声

2018ロシアワールドカップへ目指すべく代表引退を撤回して戻ってきたアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、1日のウルグアイ代表戦でさっそく決勝点を挙げてチームに勝ち点3をもたらした。しかし、以前から恥骨部分に違和感を覚えていたメッシは大事を取って6日のベネズエラ戦を欠場。治療に専念する道を選んだ。

この判断にアルゼンチン国内では批判が起きているという。メッシは治療に専念するために代表を離脱したものの、10日におこなわれるリーガ・エスパニョーラ第3節のアラベス戦に出場する可能性があると言われている。『FOX Sports』などによると、これにアルゼンチンでは批判の声が出ている。

テレビ番組では、アラベス戦に出場できるくらいならベネズエラ戦に出場できたのではないかとの意見が挙がっており、ベネズエラ戦に出なかったのは恥とまで言われてしまっている。

アルゼンチン代表はメッシを欠いたベネズエラ戦を2-2の引き分けで終えており、南米予選の首位から陥落している。メッシがいれば状況は変わっていたのではないかと考えた者も多いだろう。そのメッシがアラベス戦で元気な姿を見せることは許されていないようだが、メッシも代表復帰を果たした早々に嫌な意見を聞かされている。

あなたへのオススメ記事

関連記事

人気記事ランキング

ランキングをもっと見る

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.186 連覇か奪還か! UCL決勝で吠えるのはどっちだ

決勝戦は一瞬のスキが命取り 欧州最強の“盾” VS 2人の“天才司令塔”/経験豊富な猛者たちを率い、ジダンは“心のクラブ”を迎え撃つ/悲願の“欧州制覇”に燃える熱き漢たち それぞれの想いを胸に最終決戦へ/UCL準決勝から見えた両者のストロングポイントとは

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

記事アーカイブ