日本でラッシュフォードらが見れる? 東京五輪を目指すかもしれないイギリス代表のスターたち

GettyImages-578780394-compressor

マンUで活躍するラッシュフォード photo/Getty Images

組織化に向けて動きも

ネイマールの活躍もあってブラジル代表の優勝で幕を閉じたリオデジャネイロ五輪。4年後の五輪は東京で開催されることもあり、日本で世界の若手スター選手を見ることが可能になる。

まだリオデジャネイロ大会が終了したばかりだが、すでに2020年大会に向けて動いている国もある。リオデジャネイロ五輪では実現しなかったが、イギリスがサッカーイギリス代表の組織へ向けて動く考えを持っているのだ。2012年ロンドン五輪ではライアン・ギグス氏らがイギリス代表として出場しており、日本にイギリス代表のスター選手がやってくるかもしれない。

そこで英『Squawka』は、2020年に東京へ向かうかもしれない選手と題して注目の若手選手を紹介。その中にはプレミアリーグで活躍する未来のスター候補生も入っている。

リヴァプール所属DFジョー・ゴメス、レスター・シティDFベン・チルウェル、昨季開幕戦から先発出場して驚きを与えたウェストハムDFリース・オックスフォード、イングランドのメッシとも言われ、現在マンチェスター・シティからセルティックにレンタル移籍しているパトリック・ロバーツ、チェルシーのアカデミーで得点を量産している18歳のドミニク・ソランケ、そして何と言ってもマンチェスター・ユナイテッドで活躍するFWマーカス・ラッシュフォードがいる。

さらに同メディアはオーバーエイジ組としてアーセナルのアーロン・ラムジーとWBAのジョニー・エヴァンスまで加えている。

今回のドイツ代表やブラジル代表も豪華な顔ぶれが揃っていたが、イギリス代表も負けてはいないはず。この面子で日本にやってくればそれなりに良い成績を残せるのではないだろうか。日本で開催されるからには少しでも多くのスター選手を生で見たいところだが、イギリス代表は実現するか。

あなたへのオススメ記事

関連記事

人気記事ランキング

ランキングをもっと見る

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.186 連覇か奪還か! UCL決勝で吠えるのはどっちだ

決勝戦は一瞬のスキが命取り 欧州最強の“盾” VS 2人の“天才司令塔”/経験豊富な猛者たちを率い、ジダンは“心のクラブ”を迎え撃つ/悲願の“欧州制覇”に燃える熱き漢たち それぞれの想いを胸に最終決戦へ/UCL準決勝から見えた両者のストロングポイントとは

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

記事アーカイブ