次はクラブで爆発を! U-23日本代表MF中島「手倉森監督には本当に感謝している」

FC東京
U-23日本代表
オリンピック
中島翔哉
GettyImages-587148682-min

コロンビア戦では同点ゴールを決めた中島 photo/Getty Images

今後の飛躍を誓う

U-23日本代表としてリオデジャネイロオリンピック3試合に出場したMF中島翔哉が大会を振り返り、今後の意気込みを語っている。

1月に開催されたオリンピック最終予選を兼ねたAFC U-23選手権ではMVPを受賞するなど日本の優勝に大きく貢献した中島だが、所属するFC東京でのシーズン序盤戦はJ3リーグを戦う「FC東京U-23」で主にプレイ。4月からは負傷により長期離脱を強いられたが、7月1日、オリンピックを戦うU-23日本代表メンバーに選出された。

オリンピックではコロンビア戦で貴重な同点弾を挙げるなど活躍するが、チームはグループリーグでの敗退が決定。3試合でオリンピックが終わってしまった。中島は大会を振り返り、「大会の環境や相手にどんどん慣れて試合を支配することができていたので、もったいない、悔しい終わり方です」とコメント。「手倉森監督はクラブで試合に出てなくてもずっと呼び続けてくれて、本当に感謝しています。ここでの成長は自分のサッカー人生にとって大きかった。自分の目指すべきところに近づけるように頑張っていきたいと思います」と指揮官への感謝、そして今後の飛躍を誓った。日本サッカー協会公式サイトがコメントを伝えている。

FC東京でのトップチームでは4試合の出場に留まっている中島だが、7月下旬に篠田監督が就任したクラブでレギュラーポジションを勝ち取ることができるだろうか。ブラジルから帰ってくる中島のパフォーマンスに注目だ。

あなたへのオススメ記事

関連記事

人気記事ランキング

ランキングをもっと見る

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.186 連覇か奪還か! UCL決勝で吠えるのはどっちだ

決勝戦は一瞬のスキが命取り 欧州最強の“盾” VS 2人の“天才司令塔”/経験豊富な猛者たちを率い、ジダンは“心のクラブ”を迎え撃つ/悲願の“欧州制覇”に燃える熱き漢たち それぞれの想いを胸に最終決戦へ/UCL準決勝から見えた両者のストロングポイントとは

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

記事アーカイブ