OA枠の塩谷「チームの力になれず、本当に申し訳なかった」

GettyImages-588303330 (1)-min

全3試合に出場した塩谷 photo/Getty Images

大会を振り返る

オーバーエイジ選手としてU-23日本代表に選出されたDF塩谷司がリオデジャネイロでのオリンピックを振り返った。

今季もサンフレッチェ広島の主力選手として活躍し、オーバーエイジ選手としてオリンピックに参戦した塩谷だが、初戦のナイジェリア戦は5失点。続くコロンビア戦も2失点を喫し、3試合目は無失点での勝利に貢献したが、チームを決勝トーナメントへと導くことはできなかった。

敗退決定後、塩谷は「このチームが好きでしたし、何とかして力になれたらと思っていたのにチームの力になれず、本当に申し訳なかったです」とコメント。「初戦は気負い過ぎたかなと思います。試合を重ねるごとにチームが強くなっているという感覚をつかみながら敗退したのは、本当に悔しいです」と大会を振り返った。日本サッカー協会公式サイトがコメントを伝えている。

代表チームでは目標であったメダル獲得を果たせなかった塩谷だが、今後は広島でJリーグの連覇を狙う。クラブは現在、2ndステージは7位、年間順位では4位につけている。

あなたへのオススメ記事

関連記事

人気記事ランキング

ランキングをもっと見る

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.185 稀に見る混戦! 欧州カップ戦枠争いを生き残れ

リーグテーブルはまだまだ動く プレミア最終盤は混沌の極致へ/UCLストレートインとUEL出場枠 7チームが血眼になる2つの争い/天と地の差がある6位と7位 明暗分ける”UEL最後のイス”/”新興勢力”が躍動するブンデスリーガ 意外なクラブにも可能性アリ

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

記事アーカイブ