“本気”で日本に乗り込んだ南米王者サンタフェ「モチベーションはずっと高かった」

GettyImages-587919772-min

コロンビアのクラブとして初めてスル銀杯を制したサンタフェ photo/Getty Images

鹿島の印象も語る

鹿島アントラーズとの激闘を制し、コロンビアのクラブとして初めてスルガ銀行チャンピオンシップを制したサンタフェ(コロンビア)でキャプテンを務めるMFオマル・ペレスが喜びのコメントを残した。

8月10日にカシマサッカースタジアムで開催された試合では序盤から鹿島に決定機を作り出されるも、サンタフェはコロンビア代表でも活躍するGKサパタを中心とした守備陣が得点を許さない。すると後半、サンタフェはセットプレイから先制点を挙げることに成功。その後、鹿島にPKのチャンスを与えるも、この場面でもサパタが止めて0-1のままタイムアップの笛を迎えている。

この結果、コロンビアのクラブとして初のスルガ銀行チャンピオンシップ王者となったサンタフェだが、キャプテンを務めるMFオマル・ペレスは試合後、「今は凄く幸せな気分です。こういうチャンスはなかなか味わえるものではない。貴重な経験を積めたし、個人的にもチームとしてもすごくいい体験ができた」とコメント。続けて試合を振り返り、勝因については「チャンスをモノにできたことだけ。鹿島は攻守両面でしっかりとしたチームだった。難しい試合になると思っていたし、実際に危ないシーンもいくつかあった。ただ鹿島はチャンスをモノにできず、我々はそれをモノにした。その差だけだったと思います」と語っている。Jリーグ公式サイトがコメントを伝えた。

また同選手は“試合前”のチームの状況についても「みんなのモチベーションはずっと高かった」と明かし、「勝利を積み重ねたことで日本に来れたわけだし、日本に行く以上は絶対にカップを持って帰るしかない。チーム全員が日常的にそういうマインドだった」と語っている。

あなたへのオススメ記事

関連記事

人気記事ランキング

ランキングをもっと見る

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.183 フットボールを進化させる6人の監督

名将ジダンはこうして誕生した! “新人”が辿る恩師の足跡/緻密なスカウティングと戦術が奏功 覇権へのラストピースは勝者のメンタル/”狂人”から受け継ぐスタイルと2人の古典的10番/ライプツィヒを牽引する“Mr.プレッシング” ドイツにもたらされた新たな息吹/なぜチームは激変したのか!? フランクフルトを目覚めさせたコヴァチ/バラバラだったラツィオを団結させた若き錬金術師シモーネ・インザーギ

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

記事アーカイブ