コパにも出場したコロンビア代表GKが鹿島を警戒「速いパス回しでタッチ数も少なく……」

GettyImages-539510750-min

コパ・アメリカでのGKサパタ photo/Getty Images

タイトルを懸けて激突

8月10日にスルガ銀行チャンピオンシップが開催され、2015年のヤマザキナビスコカップ王者である鹿島アントラーズとコパ・トタル・スダメリカーナの王者インデペンディエンテ・サンタフェ(コロンビア)が対戦する。

2012年、2013年に続き3度目の大会制覇を狙う鹿島だが、立ちはだかるのはコロンビアのクラブとして初めてコパ・スダメリカーナを制した名門サンタフェ。同クラブは、優勝を果たしたコパ・スダメリカーナ全12試合で複数失点が1度しかないなど堅守が武器であり、6月に開催されていたコパ・アメリカでもコロンビア代表としてピッチに立ったGKロビンソン・サパタがゴールマウスに君臨する。

試合前日に開催された公式会見では、その守護神が出席。サパタは鹿島とのタイトルマッチに向け、「大会に参加するためではなく、主役になるために来ました。タイトルをコロンビアに持って帰りたいです」と意気込みを語った。

また、鹿島の印象についても「アントラーズはこの大会に過去2度出場し、2回とも勝利しています。速いパス回しでタッチ数も少なく、ディフェンスから攻撃へもうまい展開をしてきます。我々はボールを奪わなければいけません」と話している。

2012年はチリの強豪、2013年はブラジルの強豪を下してきた鹿島だが、今回はコロンビア代表でも活躍するサパタから得点を奪い、大会の“主役”となることができるだるろうか。

あなたへのオススメ記事

関連記事

人気記事ランキング

ランキングをもっと見る

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.183 フットボールを進化させる6人の監督

名将ジダンはこうして誕生した! “新人”が辿る恩師の足跡/緻密なスカウティングと戦術が奏功 覇権へのラストピースは勝者のメンタル/”狂人”から受け継ぐスタイルと2人の古典的10番/ライプツィヒを牽引する“Mr.プレッシング” ドイツにもたらされた新たな息吹/なぜチームは激変したのか!? フランクフルトを目覚めさせたコヴァチ/バラバラだったラツィオを団結させた若き錬金術師シモーネ・インザーギ

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

記事アーカイブ