リオでの激闘から2日…… 今度はカシマで日本vsコロンビアが実現

GettyImages-474897870-min

サンタフェの指揮を執るグスタボ・コスタス監督 photo/Getty Images

サンタフェ指揮官が意気込みを語る

8月10日にスルガ銀行チャンピオンシップが開催され、2015年のヤマザキナビスコカップ王者である鹿島アントラーズとコパ・トタル・スダメリカーナの王者インデペンディエンテ・サンタフェ(コロンビア)が対戦する。

2014年から2年間サンタフェで指揮を執り、一度は退任するがスルガ銀行チャンピオンシップの2週間前に“再就任”したグスタボ・コスタス監督は試合前日、対戦相手となる鹿島の印象について「スピーディーで攻撃的なチーム」とコメント。「南米と日本のチームとではスピード感が違いますが、相手の速い展開に注意したいと思います」と語っている。日本サッカー協会公式サイトが伝えた。

また、7日に来日したサンタフェだが、指揮官は「コンディションはいいですし、準備はできています」と明かし、「サンタフェはチーム全員が力を合わせるところが持ち味。団結力、チームワークが強みです」とクラブの魅力を日本のサッカーファンに説明。タイトル獲得に向けて闘志を燃やしている。

リオデジャネイロで開催されているオリンピックでは2-2の同点に終わった“日本vsコロンビア”だが、リオの真裏で行われるスルガ銀行カップではどちらのクラブがトロフィーを掲げることになるだろうか。日本を代表するクラブとコロンビアを代表するクラブの激突に注目だ。

あなたへのオススメ記事

関連記事

人気記事ランキング

ランキングをもっと見る

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.183 フットボールを進化させる6人の監督

名将ジダンはこうして誕生した! “新人”が辿る恩師の足跡/緻密なスカウティングと戦術が奏功 覇権へのラストピースは勝者のメンタル/”狂人”から受け継ぐスタイルと2人の古典的10番/ライプツィヒを牽引する“Mr.プレッシング” ドイツにもたらされた新たな息吹/なぜチームは激変したのか!? フランクフルトを目覚めさせたコヴァチ/バラバラだったラツィオを団結させた若き錬金術師シモーネ・インザーギ

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

記事アーカイブ