信じられない リベルタドーレス杯、アルゼンチンもブラジルもいない決勝は25年ぶり

GettyImages-547460486-min

ボカ・ジュニアーズは準決勝で敗退した photo/Getty Images

超満員のボンボネーラで敗戦

リベルタドーレス杯準決勝の2ndレグが現地時間13から14日にかけて行われ、FWカルロス・テベスを擁するボカ・ジュニアーズは、本拠地ラ・ボンボネーラでインデペンディエンテ・デル・バジェ(エクアドル)に2-3で敗れた。2戦合計スコアを5-3としたインデペンディエンテが決勝進出を決めている。

開始早々の4分、ボカはFWクリスティアン・パボンが左サイドからのクロスに右足で合わせて先制ゴールを奪う。1stレグを1-2で落としたボカにとって順調な滑り出しを見せたかに思えたが、25分にコーナーキックの流れからDFルイス・カイセドに同点弾を許すと50分と51分に立て続けに失点。試合終了間際にFWパボンが狙いすましたミドルシュートを決めるも、ボカは準決勝は敗退した。

またサンパウロとアトレティコ・ナシオナル(コロンビア)の一戦も、ブラジルの強豪サンパウロが1-2で敗戦。2戦合計スコアを4-1としアトレティコ・ナシオナルが21年ぶりに決勝に進出した。決勝戦の日程は1stレグが19日、2ndレグが26日に行われる予定となっている。決勝戦にブラジル、アルゼンチンのチームが出場しないのは1991年大会以来25年ぶり。91年大会ではコロコロ(チリ)とオリンピア(パラグアイ)が対戦していた。

あなたへのオススメ記事

関連記事

人気記事ランキング

ランキングをもっと見る

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.185 稀に見る混戦! 欧州カップ戦枠争いを生き残れ

リーグテーブルはまだまだ動く プレミア最終盤は混沌の極致へ/UCLストレートインとUEL出場枠 7チームが血眼になる2つの争い/天と地の差がある6位と7位 明暗分ける”UEL最後のイス”/”新興勢力”が躍動するブンデスリーガ 意外なクラブにも可能性アリ

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

記事アーカイブ