メッシ引退に待った! マラドーナ「俺はレオを孤立させた全ての指導者たちと戦う」

GettyImages-539383642-min

アルゼンチンの活躍をいつも願っているマラドーナ photo/Getty Images

メッシはロシアでチャンピオンになると太鼓判

ディエゴ・マラドーナはいつも自身の可愛い後継者を気にかけている。そして彼は現在アルゼンチン国民を混乱に陥れている“リオネル・メッシ問題”について、自身の感想を述べた。

チリの優勝で幕を閉じたコパ・アメリカ・センテナリオにおいて、アルゼンチン代表は大きな屈辱を味わっている。チームの看板であるメッシがPKを外すと、この天才レフティーはその後、代表からの引退を宣言。またセルヒオ・アグエロやゴンサロ・イグアインといった主力選手もあとに続く可能性があると囁かれており、アルゼンチン国内は騒然としている。そしてもちろんこの男も黙っていられるはずがない。アルゼンチン『La Nacion』がマラドーナ氏のコメントを伝えている。

「私はメッシを独りぼっちにしたくないんだ。彼と話したいね。そして、レオを孤立させた全ての指導者たちと戦うよ。メッシの引退発表によって、アルゼンチンサッカー界に蔓延る全ての問題が覆い隠されてしまう。メッシはアルゼンチン代表としてプレイを続ける必要があるよ。彼はロシアでチャンピオンになるんだ」

以前はメッシを“リーダーとしての素質に欠ける”と話していたマラドーナ。だが、もちろん彼もメッシの左足がどれほどのマジックをもたらすことができるかを知っている。果たしてマラドーナの叫びはメッシに届くのだろうか。アルゼンチン国民にとっても重要なテーマとなるだろう。

あなたへのオススメ記事

関連記事

人気記事ランキング

ランキングをもっと見る

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.185 稀に見る混戦! 欧州カップ戦枠争いを生き残れ

リーグテーブルはまだまだ動く プレミア最終盤は混沌の極致へ/UCLストレートインとUEL出場枠 7チームが血眼になる2つの争い/天と地の差がある6位と7位 明暗分ける”UEL最後のイス”/”新興勢力”が躍動するブンデスリーガ 意外なクラブにも可能性アリ

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

記事アーカイブ