「ヤマザキナビスコカップ」24年間の歴史に幕 最も優勝カップを掲げたクラブは?

GettyImages-155339843-compressor

選手として、監督として、鹿島でナビスコカップを制したジョルジーニョ photo/Getty Images

ダントツの優勝回数

Jリーグは21日、リーグカップの名称が「Jリーグヤマザキナビスコカップ」から「JリーグYBCルヴァンカップ」になることを発表した。

1992年の第1回大会からヤマザキナビスコ株式会社が冠スポンサーを務めて開催されている「ヤマザキナビスコカップ」だが、同社は2016年9月1日、ライセンス契約の終了に伴い、ヤマザキビスケット株式会社に商号変更。リーグカップの名称も、ビスケット社の新ブランド名となる「YBC」と基幹商品の「ルヴァン」を冠し、「JリーグYBCルヴァンカップ」になることが決まった。2016年シーズンのグループステージは「ヤマザキナビスコカップ」として開催されたリーグカップだが、決勝トーナメントからは「YBCルヴァンカップ」となる。

2015年シーズンまで計11クラブが優勝を果たした「ヤマザキナビスコカップ」だが、同大会を最も制したのは鹿島アントラーズとなった。鹿島は1997年に初優勝を果たすと、結果的に国内三冠を達成した2000年に2度目の大会制覇。2011年、2012年には連覇を達成した。2016年はグループステージでの敗退が決まっているが、昨季も決勝戦でガンバ大阪を3-0で下すなど、24年間の歴史で6度も優勝カップを掲げている。

優勝回数2位に輝いたのは東京ヴェルディで、同クラブは第1回大会となる1992年から三連覇を果たした。また、1996年には清水エスパルス、2005年にはジェフユナイテッド千葉、2008年には大分トリニータなどが同大会でクラブ史上初のJ1タイトルを獲得している。

以下、「ヤマザキナビスコカップ」優勝回数。

6回:鹿島アントラーズ
3回:東京ヴェルディ
2回:ジュビロ磐田、ガンバ大阪、ジェフユナイテッド千葉、FC東京、柏レイソル
1回:清水エスパルス、浦和レッズ、横浜F・マリノス、大分トリニータ

あなたへのオススメ記事

関連記事

人気記事ランキング

ランキングをもっと見る

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.185 稀に見る混戦! 欧州カップ戦枠争いを生き残れ

リーグテーブルはまだまだ動く プレミア最終盤は混沌の極致へ/UCLストレートインとUEL出場枠 7チームが血眼になる2つの争い/天と地の差がある6位と7位 明暗分ける”UEL最後のイス”/”新興勢力”が躍動するブンデスリーガ 意外なクラブにも可能性アリ

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

記事アーカイブ