ブラジル経由カンプノウ行き! 既にネイマールをロックオン?

ブラジル行きを決めたTeam Oh My God Photo/Hiroyuki Orihara

ブラジル行きの切符を手にしたTeam Oh My Godのオーマイガ(!)な奇跡

予選で1勝2敗と2位通過もぎりぎりだったTeam Oh My Godだが、ゲームを重ねるごとに調子を上げていき、自分たちのスタイルであるパスサッカーを取り戻していった。ロングボールを多用するチームが多い中、彼らは自らのスタイルで優勝をモノにした。「信じられない」と言いながら、ブラジル行きを手にしたメンバーはみんな顔を輝かせ、高揚していた。

Team Oh My God ノックアウトステージでは(ロングボールを)蹴らずに、自分たちのサッカーやポゼッションが出来ると思ったので切り替えました。予選は蹴ってくるチームが多かったので、そこに合わせちゃったんだと思います。予選からチーム力があがっていって、最終的に完成したという感じです。あと2試合あれば、クリティカルで勝てるところまでもっていけたと思いますよ(笑)

彼らは、普段は仕事に忙殺されてサッカーもままならない24歳中心の社会人チーム。それでもメンバーには全国高校選手権出場メンバー、インターハイ優勝経験者もいる実力派揃いの“眠れる獅子”でもあった。優勝候補だった名古屋の「チームガチ」を倒した一戦や決勝もそうだが、終始相手に優勢に試合を進められてもなお、たった一回のチャンスをモノにして勝ち上がってきた。

Team Oh My God なんだかんだで、僕らは熱いヤツらが集まってるんです。絶対負けたくないって気持ちがあるからそれがプレイにも出たんだと思います。決勝でも全員、とにかくパスサッカーで勝ちたかったですから。僕らは全員ルーツが相手を崩すサッカーだし、ずっとパスサッカーをやってきました。だからブラジルでも相手を崩して勝ちたいです。

↗︎続きはRedbull.comで

あなたへのオススメ記事

関連記事

人気記事ランキング

ランキングをもっと見る

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.181 欧州で闘うサムライフットボーラーの現在地

代えがきかない存在感 ブンデス参戦組が得た自信と充実/再認識される岡崎、吉田の存在価値 プレミアのサムライは今季こそ輝ける/日本代表にも新たな刺激を与える海外組のキーマンはこの7人/不屈の男・長友! ピオリ新政権でもポジション奪回なるか/本田は今冬にチームを変えるべき 清武&香川も現状打破が必要

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

記事アーカイブ