熊本出身DF植田を“相方”が語る「色々な思いがあったと思う」「熊本、ナオのためにいい勝利だった」

昌子源
植田直通
熊本
鹿島アントラーズ
GettyImages-475259870-compressor

鹿島に欠かせない存在となった昌子源 photo/Getty Images

成長を続けるCBコンビ

鹿島アントラーズDF昌子源が16日に開催された湘南ベルマーレ戦についてコメントしている。

敵地での湘南戦に挑んだ鹿島は前半から金崎夢生の得点で先制に成功すると、前半終了間際にも相手のオウンゴールを誘い2点のリードを奪う。また守備面でも、CBでコンビを組む昌子と植田直通が中心となり相手にチャンスを作らせない。試合は後半にも1点を加えた鹿島が3-0で勝利を収めた。

試合後、今季4回目のクリーンシート達成に大きく貢献した昌子だが「相手の運動量が多く、しんどい試合だった」とコメント。それでも、地震で大きな被害が出た熊本出身の植田と共に勝ち取った勝利を喜んだ。同選手のコメントをクラブ公式サイトが伝えている。

「熊本が大変な中、ナオ(植田直通)自身が出場すると決めたが、色々な思いがあったと思う。その気持ちに相方として応えたかった。もちろんチームのために勝ちたいという気持ちはあるけど、今日は熊本、そしてナオのために大きな意味があった。熊本、ナオのためにいい勝利だった」

今季、鹿島は7節を終えて許した得点は3点のみ。7試合すべてで昌子と植田がCBのコンビを組んでおり、複数得点を喫した試合は未だにない。U-23日本代表の中心選手である植田と日本代表に復帰を果たした昌子、21歳と23歳の若きCBコンビに今後も注目だ。

あなたへのオススメ記事

関連記事

人気記事ランキング

ランキングをもっと見る

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.184 4大リーグ:試合を決める気鋭のアタッカー24人

個性豊かなセリエA 独自色で主役を勝ち取った猛者たち/ビッグクラブ行き間違いナシ! ブンデスリーガはスター候補の登竜門/スペイン2強を脅かせ! リーガを彩る実力派のアタッカーたち/覇権と欧州への切符を引き寄せる新旧ストライカー

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

記事アーカイブ