清水や岐阜で指揮を執った行徳氏がネパール代表監督に就任「強い代表チームを作りたい」

FC岐阜
ネパール
清水エスパルス
行德浩二
GettyImages-169939334-compressor

Jリーグでも指揮を執った行德浩二監督 photo/Getty Images

新たな挑戦の意気込みを語る

JFA(日本サッカー協会)は15日、行德浩二氏がネパール代表監督に就任したことを発表した。

2003年のJリーグ終了後、清水エスパルスで天皇杯の指揮を任せられた行德監督はクラブを同大会ベスト4に導く。また翌年は同クラブのユースチームで指揮を執りユースカップを制覇。2008年はブータン代表、2012年はFC岐阜の監督を務めていた。JFAのアジア貢献事業の一環としてネパール代表監督への就任が決まった同氏は、日本サッカー協会公式サイトを通じて意気込みを語っている。

「昨年4月、大地震によってネパールは至るところで甚大な被害を受けました。国際試合が行われる国立競技場も当分は使用できない状況です。しかしネパールの人々のサッカーに対する関心は薄らぐことなく、多くの人たちがサッカーを楽しみ、代表チームの活躍を心から期待しています」

「ネパールサッカーの将来に向かって皆の期待に応えられるよう、ネパールサッカー協会のシレスタ会長代行を始めコーチングスタッフと共に強い代表チームを作りたいと思います」

またJFAは同日、李成俊氏がU-14・U-17のブータン代表監督に就任することも発表した。

あなたへのオススメ記事

関連記事

人気記事ランキング

ランキングをもっと見る

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.184 4大リーグ:試合を決める気鋭のアタッカー24人

個性豊かなセリエA 独自色で主役を勝ち取った猛者たち/ビッグクラブ行き間違いナシ! ブンデスリーガはスター候補の登竜門/スペイン2強を脅かせ! リーガを彩る実力派のアタッカーたち/覇権と欧州への切符を引き寄せる新旧ストライカー

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

記事アーカイブ