199cmストライカーと対峙した昌子&植田の代表コンビ「対戦を楽しみにしていた」「腕力が強い」

シモビッチ
昌子源
植田直通
鹿島アントラーズ
GettyImages-468205302-min

日本代表にも選出されているDF昌子源 photo/Getty Images

セットプレイから失点も……

鹿島アントラーズDF昌子源とDF植田直通のCBコンビが6日に開催されたヤマザキナビスコカップ名古屋グランパス戦を振り返った。クラブ公式サイトが選手のコメントを伝えている。

リーグ戦での川崎フロンターレ戦に続きナビスコカップ名古屋戦でもCBで組んだ昌子と植田は同試合、199cmの名古屋FWシモビッチと対峙。序盤こそ高さに苦しみ起点を作られるも、シモビッチとマッチアップする植田は徐々に空中戦でも勝率を高め、長身FW相手に自由を許さない。

鹿島は前半終了間際にセットプレイから得点を許すも、後半はMF柴崎岳とFW鈴木優磨を投入し、攻撃で名古屋を圧倒。MF遠藤康、MFカイオのゴールで逆転に成功すると、昌子も得点を記録して1-3と逆転勝利を収めた。試合後、得点を決めた昌子は「ナオ(植田直通)と最悪でも1失点で、2点は入れさせないようにしようと話していた。2人で出場した試合は、それが今のところできている。それでも0に抑えられれば良かったと思う。シモビッチ選手は競らない。ただ腕力が強く、抑えるのは大変だった」とコメントしている。

また、植田は「今日はシモビッチ選手との対戦を楽しみにしていた」と明かし、「上手くいった部分もあったし、いかなかった部分もあった。失点した事は悔しい。無失点で終わりたい。無失点でいけば負ける事はない。ナビスコカップはもう負けられない。これからも成長するために勝って、昨年のあの舞台に立ちたい」とナビスコカップ連覇に向けて闘志を燃やした。

あなたへのオススメ記事

関連記事

人気記事ランキング

ランキングをもっと見る

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.186 連覇か奪還か! UCL決勝で吠えるのはどっちだ

決勝戦は一瞬のスキが命取り 欧州最強の“盾” VS 2人の“天才司令塔”/経験豊富な猛者たちを率い、ジダンは“心のクラブ”を迎え撃つ/悲願の“欧州制覇”に燃える熱き漢たち それぞれの想いを胸に最終決戦へ/UCL準決勝から見えた両者のストロングポイントとは

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

記事アーカイブ