名良橋晃の定点観測♯19「欧州組中心で挑むW杯予選。失点0での連勝を期待する」

守備を固める相手を日本代表がどう打開するかが見どころ

守備を固める相手を日本代表がどう打開するかが見どころ

ミニキャンプに参加していたメンバーからは、最終的に小林が招集された。Photo/Getty Images

日本代表のW杯予選が3月24日(アフガニスタン戦)、29日(シリア戦)に行なわれます。同時期にU-23代表のポルトガル遠征があるため、遠藤航、植田直通といった若い選手の招集は今回はありません。16日時点でメンバーはまだ発表されていませんが、これまでと同じく欧州でプレイする選手が中心になるでしょう。

とはいえ、ハリルホジッチ監督は3月7日~9日にかけてミニキャンプを実施し、Jリーグでプレイする選手たちに熱心な指導を行なっています。武藤嘉紀などケガ人がいる状況を考えると、このミニキャンプに参加した武藤雄樹、齋藤学、小林悠などが入ってくると面白いかもしれません。

試合に関しては、アフガニスタン、シリアとの実力差を考えると日本代表が多くの時間で主導権を握ると予想されます。あとは、守備を固める相手をいかに崩して得点を奪うかが問題になってきます。ミニキャンプではゾーンプレスを徹底し、タテに素早くパスをつなぐ従来のサッカーを徹底したようですが、今回の相手は自陣にブロックを作り、日本代表が攻撃するスペースを消してくることが予想されるので、ハリルホジッチ監督が目指すサッカーを披露する展開にはならないかもしれません。

また、W杯予選で求められるのはなによりも結果であり、とくにホームでは勝たないといけません。現在のチームはW杯予選の初戦でシンガポールに引き分けたことで必要以上にプレッシャーを感じている部分があります。これらの要素が悪いほうに働くと、本来持っている力を出せずに終わるかもしれません。

しかし、ハリルホジッチ監督が率いる日本代表はこれまでこうしたなか試合を積み重ねてきました。メンバーもあまり変わっていないので、やりにくさはなくスムーズに展開できると思います。繰り返しになりますが、アフガニスタン、シリアは守備を固めてきます。その相手に対して、日本代表がどう打開してゴールを奪うかが見どころになります。

一方で、あまり前がかりになり過ぎるとカウンターを受けることになります。これに関しては攻撃から守備への切り換えが大事で、素早くボールを奪い返し、相手にチャンスを与えない力強さを見せてほしいです。確実に失点0で試合を終えることを期待しています。

なでしこジャパンがリオ五輪予選で敗退し、フットサル代表もコロンビアで開催されるW杯の出場権を逃しました。ここで日本代表がつまずいてしまうようなことがあると、「サッカー界は大丈夫なのか?」とサポーターのみなさんを心配させることになってしまいます。応援してくださる方々のためにも、しっかりと連勝してほしいです。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.188 日本人フットボーラーの挑戦は終わらない

乾貴士スペシャルインタビュー 17-18シーズンで目指す更なる高みとは!?/乾貴士の欧州挑戦記/助っ人ではなく主力だ! 日本が誇る欧州のタフガイ三銃士/厚い信頼を得て、さらなる成長を目指すディフェンスリーダー/新シーズンの主役は誰だ!? ステップアップを狙う若きサムライたち

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ