最新FIFAランキング発表! ベネズエラ&アルメニアが大幅ランクアップ 気になる日本は……

GettyImages-497584844-compressor

順位を大幅アップさせたベネズエラ代表 photo/Getty Images

アジアで2番手に

FIFA(国際サッカー連盟)は3日、最新のFIFAランキングを発表した。南米で徐々に力をつけているベネズエラと、アルメニアが大幅にランクアップ。ベネズエラは順位を6つ上げて75位に、アルメニアは順位を一気に7つも上げて116位に浮上した。

上位陣の順位は13位のエクアドルまで変動なし。ベルギーが5ヶ月連続でランキング1位をキープ。2位アルゼンチン、3位スペインと続き、イタリアがオランダを抜いて14位に順位を上げた。

気になる日本の順位は56位。前回の発表から2つランクアップする結果となった。アジア連盟での最上位は44位のイランだが、ずっと2番手に位置していた韓国が前回から順位を4つ落として57位に後退。その結果、日本がアジアで2番手の位置に浮上している。

最新のFIFAランキングTOP25は以下のとおり。

→1 ベルギー
→2 アルゼンチン
→3 スペイン
→4 ドイツ
→5 チリ
→6 ブラジル
→7 ポルトガル
→8 コロンビア
→9 イングランド
→10 オーストリア
→11 ウルグアイ
→12 スイス
→13 エクアドル
↑14 イタリア
↓15 オランダ
→16 ルーマニア
→17 ウェールズ
→18 クロアチア
→19 ハンガリー
→20 トルコ
→21 ボスニア・ヘルツェゴビナ
→22 メキシコ
→23 ロシア
→24 フランス
→25 チェコ

あなたへのオススメ記事

関連記事

人気記事ランキング

ランキングをもっと見る

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.181 欧州で闘うサムライフットボーラーの現在地

代えがきかない存在感 ブンデス参戦組が得た自信と充実/再認識される岡崎、吉田の存在価値 プレミアのサムライは今季こそ輝ける/日本代表にも新たな刺激を与える海外組のキーマンはこの7人/不屈の男・長友! ピオリ新政権でもポジション奪回なるか/本田は今冬にチームを変えるべき 清武&香川も現状打破が必要

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

記事アーカイブ