アーセナル対バルサの展開を英メディアが予想 「圧倒され、反撃して盛り上げ、最終的に負ける」

GettyImages-511713876-compressor

前日練習で汗を流すMSN photo/Getty Images

このシナリオ通りになるのか

チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦で実現したバルセロナとアーセナルの一戦は、世界中のサッカーファンが注目するカードの1つだ。どちらも優秀な選手を揃えており、スペクタクルな一戦を期待していることだろう。しかし、戦力ではバルサが圧倒的に上だ。何とも寂しい数字だが、アーセナルが今季リーグ戦で挙げた41得点はルイス・スアレスが今季1人で挙げた得点数と同じだ。この数字を見るだけでも両チームの間に差があると感じさせられる。

英『Sky Sport』によると、サッカージャーナリストのマット・ロウ氏は今のバルサが別次元のチームだと感じており、アーセナルのホームで戦える1stレグでもバルサに押し込まれると予想。そのうえで、アーセナルが陥りそうな展開を冗談交じりに語っている。

「バルセロナは2点、あるいはそれ以上のリードを手にするかもしれない。でもそれはアーセナルに責任があるわけではない。バルサは異次元のチームだからだ。これはアーセナルに対してよく使われるジョークなんだけど、彼らはホームでバルサに圧倒されるだろう。そしてカンプ・ノウで目覚め、反撃する。それにファンは興奮するんだ。でも、最終的には負けるんだよ」

アーセナルはここ数年、1stレグでふがいない試合を演じて敗戦し、2ndレグで奮起して相手を追いつめるも、最終的にはあと1歩届かないという負けパターンを繰り返している。果たして今回も同じような展開で終わってしまうのか。アーセナルにはバイエルンを倒したときのパフォーマンスを試合開始から見せてもらいたい。

あなたへのオススメ記事

関連記事

人気記事ランキング

ランキングをもっと見る

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.178 ハリルJAPANへ5つの提言

今こそ書き換えるべき代表強化の処方箋/必要なのはミスを許さない環境  我と我の熱がチームを進化させる/戦術の幅が狭いハリルJAPAN  最強の組織に足りないラストピース/攻撃面での“速さ”の追求が 守備組織の構築を遅らせている/元代表サイドバックが見た連携と守備組織の改善点とは

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

記事アーカイブ