スアレスがついにメッシまで超えるか!? メッシが打ち立てたシーズン最多得点記録にスアレスが迫る

GettyImages-508228246-compressor

得点ランキングでトップに立つスアレス photo/Getty Images

ペースではメッシを上回る

バルセロナFWルイス・スアレスはついにチームメイトのリオネル・メッシをも超えてしまうのだろうか。

今季異常なハイペースで得点を量産しているスアレスは、14日のセルタ戦でもハットトリックを達成した。もはや1試合に1ゴールは当たり前のようになっており、リーグ戦の得点ランキングでも23ゴールで単独首位に立っている。

そんな世界最高レベルのストライカーとなったスアレスが狙うのは、メッシが2011-12シーズンに達成したシーズン最多記録となる73ゴール超えだ。スペイン『as』によると、今季のスアレスは35試合で39ゴールを決めている。2011-12シーズンのメッシは35試合終了時点で36ゴールとなっていたため、ペース的にはスアレスの方が上だ。

スアレスはアヤックスでプレイしていた2009-10シーズンにキャリアハイとなる49ゴールを記録しているが、その記録もあと10ゴールで超えてしまう。今のペースでいけば余裕で超えることになるだろう。しかもバルサの場合はチャンピオンズリーグでも上位に食い込むことが予想されるため、必然的に試合数も多くなる。昨季のようにファイナルまで行くことができればメッシの73ゴール超えも可能かもしれない。

当時メッシが73ゴールの記録を作ったとき、この記録に届く者はレアル・マドリードのクリスティアーノ・ロナウドくらいのものかと思われたが、それをチームメイトとなったウルグアイ産の怪物が塗り替えようとしている。果たしてスアレスは記録でも世界最高のストライカーとなるのか、今後のゴールラッシュに期待だ。

あなたへのオススメ記事

関連記事

人気記事ランキング

ランキングをもっと見る

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.178 ハリルJAPANへ5つの提言

今こそ書き換えるべき代表強化の処方箋/必要なのはミスを許さない環境  我と我の熱がチームを進化させる/戦術の幅が狭いハリルJAPAN  最強の組織に足りないラストピース/攻撃面での“速さ”の追求が 守備組織の構築を遅らせている/元代表サイドバックが見た連携と守備組織の改善点とは

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

記事アーカイブ