岡崎の存在はレスターの躍進に欠かせなかった バーディの相棒が岡崎じゃないといけない理由とは?

バーディ
プレミアリーグ
ラニエリ
レスター
岡崎
得点以外での貢献を評価される岡崎 photo/Getty Images

得点以外での貢献を評価される岡崎 photo/Getty Images

ラニエリのサッカーにミラクルフィットした岡崎

レスター・シティの大ブレイクの立役者はFWジェイミー・バーディとリヤド・マフレズだが、彼ら2人でここまで躍進できるほどプレミアリーグは甘くない。11人でのサッカーがフィットし、上手く機能しているのだ。『Outside Of The Boot』はレスターが好調を維持している要因を分析しており、その理由の1つにバーディの相棒を務める日本代表FW岡崎慎司を挙げた。

得点部分ではバーディの方が岡崎よりも貢献度が大きいが、クラウディオ・ラニエリのサッカーを実現するには岡崎が欠かせない。ラニエリはオーソドックスな[4-4-2]をベースに戦っており、陣形が非常にコンパクトだ。彼らの守備がコンパクトに感じる理由は、ディフェンスラインとMFの4枚が良い距離感を保っているからだけではない。バーディと岡崎が中盤まで戻り、絶えずプレスをかけているからだ。そして相手が一瞬でも隙を見せた場合には果敢に飛び込み、最前線の守備者としてチームを助け続けている。これはバーディと岡崎にしかできない立派な技だ。

また、レスターはボールを奪った後にロングボールを使うことが多い。そこからカウンターに持ち込むのが基本のパターンだが、ラニエリはこのカウンターにあまり人数をかけようとしない。そのせいで攻撃に厚みが生まれないシーンがあるものの、後方に人員を余らせておくことで相手の逆カウンターを喰らうケースを減らしている。

そしてこの人数をかけない攻撃にも岡崎とバーディが必要だ。身長が低い岡崎はエアバトルの穴と思われがちだが、持ち前の泥臭さで空中戦に52%の確率で勝利しているのだ。さらにバーディも空中戦を得意としており、ロングボールを2人の力でマイボールにしてしまうシーンもよく目にする。空中での競り合いを恐れない岡崎の姿勢こそレスターの攻撃を呼ぶカギとなっているのだ。

単純な高さだけならベンチに座るレオナルド・ウジョアの方が上で、身長もウジョアの方が岡崎よりも約10cm高い。しかしウジョアには守備に走る運動量とスピードが欠けており、どちらも備えているのは岡崎とバーディの2人だけだ。同メディアは岡崎がラニエリのサッカーにミラクルフィットしたと伝えており、得点数が伸びないからといって日本人FWを侮るべきではないと貢献度の高さを称賛している。

ゴールを量産しているバーディにスポットが当たるのは仕方がないことだが、ボール目がけて突っ走る岡崎の運動量と闘争心は陰からチームを支える力となっている。今季の躍進に岡崎は欠かせない存在だったと言っていいだろう。

あなたへのオススメ記事

関連記事

人気記事ランキング

ランキングをもっと見る

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.178 ハリルJAPANへ5つの提言

今こそ書き換えるべき代表強化の処方箋/必要なのはミスを許さない環境  我と我の熱がチームを進化させる/戦術の幅が狭いハリルJAPAN  最強の組織に足りないラストピース/攻撃面での“速さ”の追求が 守備組織の構築を遅らせている/元代表サイドバックが見た連携と守備組織の改善点とは

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

記事アーカイブ