12月に8試合! 森保監督が過密日程を戦った選手たちを称賛「誇りに思いたい」

来季はACLにも出場

来季はACLにも出場

広島の指揮を執る森保監督 photo/Getty Images

天皇杯準決勝が29日に開催され、ガンバ大阪とサンフレッチェ広島が対戦した。

試合は開始早々にG大阪FW宇佐美貴史が先制点を奪うと、74分にも宇佐美が加点。アディショナルタイムにはFW長沢駿が試合を決定付ける3点目を決め、G大阪が3-0で広島に完勝した。

天皇杯準決勝敗退となってしまった広島だが、森保監督は過密日程のなか戦ってきた選手たちを称賛している。Jリーグ公式サイトが伝えている。

「チームとしてバラバラになることなく、最後までチームとして戦う姿を見せてくれた。これまでの戦いも含めて、選手にはご苦労様という言葉をかけたいと思っています。この12月で8試合目でした」

「この天皇杯は本当に疲労困憊の中、準々決勝でしぶとくFC東京に勝って今日の試合までたどりついたことを本当に誇りに思いたい」

それでも森保監督は天皇杯敗退の悔しさを胸に、早くも来季に向けての意気込みを語った。

「ただし、来年を戦うにあたって、この負けた悔しさをしっかりと持っておかないといけない。来年はJリーグとACLを並行して戦う中で、これくらいの連戦はやっていかないといけない」

「実際は8試合ですけど、今回は優勝が懸かった試合がすごくあったので、もっと多くの試合をこなしたくらいの負荷がかかっていたと思います。われわれはそういうタフな連戦の中でも結果を出していけるように、来年は今日の試合で足りなかったことをしっかりとトレーニングで加えて臨みたいと思います」

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.189 ついに突入した欧州5大リーグ時代の勢力地図
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ