ブラッター会長とプラティニ会長に8年の活動禁止処分 FIFA発表

両名は不服として法的手段へ

両名は不服として法的手段へ

21日の記者会見に出席したブラッター会長 photo/Getty Images

FIFA(国際サッカー連盟)は21日、FIFAのゼップ・ブラッター会長とUEFAのミシェル・プラティニ会長に対して8年間のサッカーに関係する活動禁止処分を発表した。

ブラッター会長とプラティニ会長は汚職の疑惑によって、現在90日間の活動禁止を言い渡されている。両名は2011年に200万ドルの不正資金譲渡があったとされ、スイス検察当局から調査を受けていた。

この8年間の活動禁止処分により、両名は来年2月のFIFA会長選への出馬が事実上不可能となった。FIFAは今年5月に発覚した汚職問題により、5期目の当選を果たしたブラッター会長が辞任を表明。来年2月の再選挙で新体制を目指していた。

なお、この決定に対して両名は不服としており、CAS(スポーツ仲裁裁判所)に訴えることを認めている。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.189 ついに突入した欧州5大リーグ時代の勢力地図
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ