肺ガンと戦うクライフ「必ず勝ってみせるさ」

以前より快方に向かっていると話す

以前より快方に向かっていると話す

過去3度のバロンドールに輝いたクライフ  photo/Getty Images

バロンドールにも輝いた実績を誇るオランダのレジェンド、ヨハン・クライフ氏は現在68歳。10月に医者から肺ガンと診断された。

「すべてが良くなると完全に確信しているよ。最初の頃に比べるととても良くなっていると感じるね。なんの問題もなかった。化学療法を用いて肺ガンを取り除けると考えているよ」

体調が快方に向かっているというクライフのコメントを英『BBC』が伝えた。

様々なタイトルを獲得し、フライング・ダッチマンと呼ばれた伝説的プレイヤーであるクライフ。選手としてはもちろん、監督としても偉大な記録を残してきた。1991年には心筋梗塞の手術をしたこともあり、以降は喫煙を控えるようになったという。

独自のサッカー哲学を持ち、多くのフットボーラーに影響を与えてきたクライフだが、これからもその鋭いサッカー批評を聞かせてほしいものだ。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.190 ハリルジャパンの此れまで・此れから
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ