[J1丸わかり]広島が年間と2ndで首位を堅持! 1点を守りきったFC東京は3位に浮上

2ndステージ優勝が迫る広島 photo/Getty Images

2ndステージ優勝が迫る広島 photo/Getty Images

松本は降格が決定

7日、J1リーグ2ndステージ第16節が各会場で開催された。

年間3位でチャンピオンシップ出場を狙うG大阪と、年間、2ndステージの両方で首位に立つ広島のゲームは、前半をスコアレスで終える。後半に入ると、55分、FKをMFドウグラスが直接ゴール左隅に沈めて、アウェイの広島が先制する。G大阪は81分、MF阿部からのパスに抜け出したMF宇佐美が決定機を逸すると、89分には、FW浅野の落としからMF青山のパスを、走り込んだMF清水に叩き込まれ失点。そのまま完敗を喫し4位に後退したG大阪は、チャンピオンシップ出場が危ぶまれる状況で、最終節、ホームに山形を迎える。勝利した広島は、最終節ホーム湘南戦を前に2ndステージ優勝をほぼ決定。さらに年間1位の座をぐっと近づけている。

年間2位の浦和はホームに川崎を迎えた。28分、GK西川のロングフィードをFWズラタンが頭で流すと、抜け出したFW興梠がGKの頭上を浮かせて沈め、先制。しかし44分には、MF大島のパスを引き出したMF森谷に、ターンでDFを剥がされると、エリアの外から叩き込まれて同点に追いつかれる。後半は相手にチャンスをつくられるも、MF阿部、GK西川が高い集中力をみせて追加点を許さず、そのまま引き分けで試合を終えている。首位広島とは勝ち点2差となり、最終節ホーム神戸戦での勝利が絶対条件となった。

敵地で柏とのゲームに臨んだ年間4位のFC東京は、16分、MF橋本がエリア内で倒されPKを獲得すると、これをDF森重が沈めて先制。そのままリードして試合を進めると、終盤、相手の猛攻をしのぎ切り、そのまま勝利を収めて、チャンピオンシップ出場圏の3位に浮上している。FC東京は最終節、ホームで鳥栖と対戦する。2ndステージ2位の鹿島はホームに横浜FMを迎えた。10分、MF遠藤が持ち込むと左へ展開、パスを受けたMFカイオがきっちり決めて先制に成功すると、64分にも、MFカイオがドリブルからゴール右隅に流し込み追加点。そのまま完勝を収めた。広島が勝利し、勝ち点差3は変わらず。得失点差が大きいため2ndステージ優勝は難しくなったが、一縷の望みを残して最終節ホーム名古屋戦に臨む。

名古屋と甲府のゲームは、12分、FWバレーのゴールで甲府が先制するも、31分、FW闘莉王の落としをFWノヴァコヴィッチが叩き込んで名古屋が追いつく。35分には、MF田口の浮き球のパスを、MF永井が頭で決めて逆転。その後さらに2点を加えた名古屋は、後半アディショナルタイムに1点を返されるも、そのままホームで快勝を収めた。ホームに仙台を迎えた鳥栖は、試合開始早々、左からのクロスをDF吉田が折り返し、最後はFW豊田が押し込んで先制すると、このゴールがそのまま決勝点となり白星を飾った。

山形と清水の来季をJ2で戦うチームどうしの対戦は、14分、MF澤田のJ1初ゴールで清水が先制すると、77分にも、MF枝村の落としをFW鄭大世が決めて追加点。85分にはFWディエゴに決められて山形に1点を返されるも、そのまま勝利している。

残留には勝利が必要となる16位の松本はホームに神戸を迎えた。42分、DF安藤のクロスを、FW阿部が頭で捉えて先制に成功。前半終了間際には、PKを与えるも、FW渡邉の蹴ったボールはポストを叩き、そのままリードして試合を折り返す。しかしチャンスをつくりながらも2点目が奪えずに終盤を迎えると、85分、FW渡邉のパスをMF森岡に流し込まれ同点。後半アディショナルタイムにはFWペドロ・ジュニオールに追加点を許し、逆転負けで松本のJ2降格が決まっている。勝ち点を得て残留を決めたい15位の新潟は、30分、MF藤田のクロスから最後はFW高山に押し込まれて先制を許すと、69分にも、MF菊池にドリブルで持ち込まれると、そのまま叩き込まれて失点。ホームで湘南に完敗を喫するも、松本が敗戦したため残留が決定している。

【2ndステージ順位表】

 順位クラブ名勝点
1サンフレッチェ広島37
2鹿島アントラーズ34
3横浜F・マリノス28
4ガンバ大阪28
5浦和レッズ28
6FC東京27
7柏レイソル26
8湘南ベルマーレ26
9川崎フロンターレ24
10名古屋グランパス24
11ヴィッセル神戸19
12アルビレックス新潟19
13サガン鳥栖19
14ヴァンフォーレ甲府16
15ベガルタ仙台12
16松本山雅FC12
17清水エスパルス11
18モンテディオ山形10

【年間順位表】

 順位クラブ名勝点備考
1サンフレッチェ広島71
2浦和レッズ69
3FC東京62
4ガンバ大阪60
5鹿島アントラーズ56
6川崎フロンターレ54
7横浜F・マリノス54
8湘南ベルマーレ48
9名古屋グランパス46
10柏レイソル44
11サガン鳥栖39
12ヴィッセル神戸38
13ヴァンフォーレ甲府36
14ベガルタ仙台35
15アルビレックス新潟33
16松本山雅FC27J2降格枠
17モンテディオ山形24J2降格枠
18清水エスパルス24J2降格枠

あなたへのオススメ記事

関連記事

人気記事ランキング

ランキングをもっと見る

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.185 稀に見る混戦! 欧州カップ戦枠争いを生き残れ

リーグテーブルはまだまだ動く プレミア最終盤は混沌の極致へ/UCLストレートインとUEL出場枠 7チームが血眼になる2つの争い/天と地の差がある6位と7位 明暗分ける”UEL最後のイス”/”新興勢力”が躍動するブンデスリーガ 意外なクラブにも可能性アリ

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

記事アーカイブ