元ドルトムントMFグロスクロイツが女性に暴行か 独紙報道

ガラタサライ
グロスクロイツ
トルコ
ドルトムント
グロスクロイツがまたも不祥事 photo/Getty Images

グロスクロイツがまたも不祥事 photo/Getty Images

ガラタサライとの契約にも影響か

今夏の移籍市場でドルトムントからトルコ1部ガラタサライに移籍した元ドイツ代表MFケビン・グロスクロイツに暴行の容疑が浮上している。

独『ビルト』によれば、ドイツに一時帰国したグロスクロイツは2日、ユース時代に所属していたケミングハウゼンの練習場でトレーニングを行っていた。その際、練習を見に来ていた母親、ピア・グロスクロイツが1人の女性と口論になり、つかみ合いの喧嘩に発展。それを見かけたグロスクロイツは勢いよく母親に加勢し、相手の女性に「カンフーパンチ」を見舞ったという。

同紙によれば、負傷した被害者女性は1時間後に警察に被害届を出し、現在グロスクロイツ親子は調査を受けているとのこと。ピアと女性が口論になったきっかけは、グロスクロイツの父親に女性が言い寄っていたためと伝えられている。

グロスクロイツは移籍手続きが間に合わなかったため、ガラタサライでの正式な選手登録は来年1月まで待たなくてはならない。ドルトムント在籍時の2014年5月にはケルンサポーターの顔面にケバブを投げつけるなど、これまでも度々不祥事を起こしてきた同選手であるだけに、クラブ側は今回の件をどのように受け止めることになるだろうか。

あなたへのオススメ記事

関連記事

人気記事ランキング

ランキングをもっと見る

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.187 欧州は、今季もやっぱり熱かった!

群雄割拠のプレミア 明暗を分けたのはマネジメント力/弱点を強みに! パーフェクトなレアルを支えたジダンの采配/競争力を取り戻しつつあるセリエA 「世界最強」の称号を再び得るために/バイエルン怒濤の5連覇達成も伏兵たちの台頭で勢力図激変

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

記事アーカイブ