35歳のアイマール、古巣リーベル・プレートで現役引退を決意!

親友サビオラとの共演が期待されたが……

親友サビオラとの共演が期待されたが……

リーベル・プレートMFパブロ・アイマール photo/Getty Images

元アルゼンチン代表MFパブロ・アイマールが、慢性的な右足首の痛みにより古巣リーベル・プレートでの引退を決意したという。

『ラ・ナシオン』によると、14日に行われたコパ・リベルタドーレス杯準決勝1stレグのグアラニー(パラグアイ)戦で、指揮官のマルセロ・ガジャルドはアイマールをベンチ入りリストから外した。ガジャルド監督は「アイマールが出場リストにいないのは右足首の痛みが原因だ」と説明しており、アイマール自身もこれ以上現役を続けられないと決断したようだ。

アイマールがチームメイトに宛てたメッセージを伝えている。「素晴らしいチームに参加できたこと、このチームで数ヶ月、素晴らしい時間を過ごせたことを感謝したい。私は現役の引退を決意した。おそらく若い選手のためにあるポジションに居座り続ける必要はないと思う。痛みを克服することを試みたが、これ以上はできないと理解した。だから、プロとしてプレイすることを終えると決意した。チームの外側から応援を続けて、彼らにふさわしい結果が得られることを望んでいる」

現在35歳のアイマールはリーベル・プレート下部組織出身。2001年に移籍したバレンシアで活躍し、2003-04シーズンにはリーガ・エスパニョーラとUEFAカップの2冠制覇に貢献した。その後は、レアル・サラゴサ、ベンフィカ、マレーシアのクラブを経て、今年5月に古巣リーベル・プレートに復帰。リーベル・プレートやアルゼンチン代表で息のあったプレイを見せていたFWハビエル・サビオラも6月にリーベルに復帰し、再び同じピッチに立つことが期待されていた。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.189 ついに突入した欧州5大リーグ時代の勢力地図
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ