C・ロナのバラエティ出演に、英紙もあきれ顔『史上もっとも居心地の悪い出演』

GettyImages-480020710-compressor

美容器具のイメージキャラクターを務めるロナウド photo/Getty Images

「恥ずかしい」ネットでも非難ごうごう

自身がCMキャラクターを務める美容機器メーカーのPRのために、来日していたレアル・マドリードのクリスティアーノ・ロナウド。が、フジテレビ系列の『バイキング』『水曜歌謡祭』などのバラエティに出演させた際の演出が「あまりにヒドすぎる」と、ネットを中心に非難を集めている。

『水曜歌謡祭』では、「元気の出る曲」としてナオト・インティライミの曲を聴かせるも、日本語のわからないロナウドは困惑顔。さらに、キマグレンの曲に合わせて無理矢理タオルを振り回させるなど、イタイ演出は続いた。

ロナウドのあまりに痛々しい様子に「トップアスリートを何だと思ってるんだ」「本当に恥ずかしい」「ごめんなさいロナウド。日本を嫌いにならないで」などの言葉が、ネットを飛び交った。

英国のタブロイド紙も『人類史上もっとも居心地の悪いTV出演』と、あきれ顔で記事を掲載。『ミラー』では『バイキング』出演時の動画を載せ、「ロナウドとホスト達の間には、深刻な言葉の壁があることが、すぐに明らかになった。皆彼の腹筋を突っつき、見知らぬ人々に腹を触られたロナウドは、恥ずかしく居心地が悪そうだった。プレゼンターがたるんだ腹を見せると、ひどくおかしな笑いにつつまれた」とレポートした。

2020年には東京オリンピックも控える日本だが、これでは「おもてなし」どころではない。もう少し大衆文化レベルを見直さないと、世界に向けて恥をさらすことになるのではなかろうか……。

あなたへのオススメ記事

関連記事

人気記事ランキング

ランキングをもっと見る

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.178 ハリルJAPANへ5つの提言

今こそ書き換えるべき代表強化の処方箋/必要なのはミスを許さない環境  我と我の熱がチームを進化させる/戦術の幅が狭いハリルJAPAN  最強の組織に足りないラストピース/攻撃面での“速さ”の追求が 守備組織の構築を遅らせている/元代表サイドバックが見た連携と守備組織の改善点とは

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

記事アーカイブ